▼チケット高額転売の防止について国内のアーティストをはじめ音楽関係者による共同声明が発表された。

チケット高額販売の問題は各アーティストのファンをはじめ各方面から長年問題視されている。

現在ネット利用者普及により、チケット代行取得業者のみならず、一般人による人気アーティストのチケットをオークションなどでの転売も目立ってきている。
特にオークションでは購買者の心理を煽るような、組織ぐるみによる、悪徳なつり上げによって高額転売するケースが増えており、チケットを手に入れるのも困難極りないと嘆くアーティストのファンもいるようだ。

一例として10万越えになり金銭トラブルとなっているケースもあると報告されている。
それにいち早くガードを設けたアーティストもいる。
チケット転売防止を防ぐための組織であるEMTG(エンターテイメント ミュージック アーティスト株式会社)によって2008年よりアーティストの中ではコブクロが一番に旗揚げし、不正転売防止に2009年のライブツアーから現在に至るまで大きな成果をあげている。

EMTGの有料会員にならないとチケットが手に入らない、少々面倒との賛否もあるようだが、発行されたEMTGカードには本人の顔写真入りで入場の際、本人確認を行い、
また、ライブに行けない場合はチケットトレードサービスにより定価でのやり取りをするので安心な制度と言える。
この制度により、導入しているアーティスト側もファン側も不正転売という不安から解除され、誰もが安心してライブに参加することができているようだ。

この声明によって不正転売防止及び安全性の普及のために、
見直しするアーティスト、音楽関係者が増えるのではないかと考えられている。



この記事を書いたユーザー

AI-MAT このユーザーの他の記事を見る

学校(グラフィックデザイン、工芸工業デザイン)に通いながら企業に務めていました。その後、ルポルタージュや雑誌の紙面執筆、スタジオ美術などを担当、
現在はフリーライターと共に画家、デザイナー、美術の講師など多岐に渡って活動しております。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス