夏休みが終わると必ずやってくるアイツの名は課題テスト

英語が苦手なお子様の為に裏技を伝授。

実力テストや模試で知らない単語が多いと
諦めてしまうことも多いはず。

「この問題はパス」ってね。

そんな時に役立つテクニックです。


以下は英語の典型的な問題です。
中学2年生以上なら理解できる内容になっています。


(問)次の疑問文の答えとして最も適するものを下から選びなさい。

1 Do you need any pens?
2 Are you a student?
3 Are these books yours or Tom's?
4 Where is your house?
5 Does Emi swim today?
6 Who can read this book?
7 Are you students?

ア I can.
イ It's near the river.
ウ Yes, I do.
エ No, she doesn't.
オ They are mine.
カ No, we aren't.
キ Yes, I am.

答えは以下の通り。
1 ウ、 2 キ、 3 オ、 4 イ、 5 エ、 6 ア、 7 カ


ここで、全学年に共通する答え方の裏技です。

まず、Yes Noで答える質問は1、2、5、7です。
答えは、ウ、エ、カ、キから選択します。
次に、疑問文と答えの主語と動詞に注目します。
動詞はbe動詞か一般動詞か?、時制は?、助動詞は?と言う点を見ます。

1を例にすると、
主語がyouで一般動詞なので答えは答えはウになります。

難しいのは、2と7の答えですが、
2は、主語がyouでbe動詞なので答えは答えはカ若しくはキになります。
a student が単数なのでyouは単数のyouで答えは Iが主語のキになります。
ですので7の答えはカですね。

残りのうち4、6ですが、主語と動詞に注目する前に疑問詞に注目します。
4は疑問詞whereが使われています。
場所に関する答えはnear riverが入っているイが答えになります。
前置詞+名詞の形ですね。
ここに注目します。
疑問詞の部分が必ず答えに出てきます。
whenなら時に関する単語だったり、前置詞だったり。


訳はせず、質問文の形式(Yes Noで答えるかどうか)と
質問文の主語と動詞で判断します。

ただこれはあくまでも裏技。
英語は単語暗記が命です。
新学期まであと一週間、がんばって下さい。

この記事を書いたユーザー

Metar このユーザーの他の記事を見る

家庭教師歴20年

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス