成功する、一流になるために・・・

素質

才能

があってのことなのか、

それとも

本気の努力?
努力し続ける先にある?

のか・・・。

先日「素質っていう言葉が大嫌い」と言う方がいました。

素質なんて関係ない。成功には、一流になるには、
「努力しかない」
「努力不足だから一流になれない」

との意見。


ん~そこんとこどうなんでしょうね。


歌が上手な素質があっても歌手になれない人

それほど歌がうまくなくてもそこそこ活躍して
なんとなく自然と人気が出て成功しちゃう人

歌が上手な素質が根底にあったからこそ歌手の一流になれる人

努力し続けて歌手になれる人、成功する人

色々だよね。



努力するかしないかはその方向へ本気で向かうかどうかで、

成功するためには
一流になるためには

結局のところ自分が向いている方向への『素質』『才能』あっての

本気の努力な気もするし・・・



努力以外なにものでもないっていうことも一理だけど

根底に光る素材があってかなーと思ったりもする。

それでも努力、継続に敵う自信はないと思うけど。



成功にはすべてがバランスよくあることかな!













この記事を書いたユーザー

rose marry このユーザーの他の記事を見る

初めまして、アメブロ編集部さんからメッセージを頂き登録させて頂きました。
アメブロ公認のブロガーになりたいと思っています。
夢への第一歩だと思い、私の表現で色々書いていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 動物
  • 国内旅行
  • 育児
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら