誰かのブログを読んで、なんだか理解できない。
なんでこの人は、こんなこと書くんだろう?

この人は、どういう気持ちでこれを書いているんだろう?

●最近は、誰でも簡単に、ブログやSNSで記事を書けるようになりました。

でも、その記事を読む人のことを考えて書いていない記事を読んだとき、イライラしたり、悲しくなったり、残念な気持ちになったり。

なんだか、モヤモヤしたりします。

●その反面、そのブロガーさんを、『素敵』と思う人、共感する人がいることも事実。

インターネットがここまで普及する前だって、女優さんや俳優さんに対して、『この人嫌い』『この人好き』って、賛否両論ありました。

インターネットが身近になってからは、他人の意見を簡単に見ることが出来たり、自分と他人を照らし合わせることが簡単に出来るようになりました。

でも、だからこそ、『自分はこう思う』
『自分はこの人好き。少数派かもしれないけど、私もこの人のように生きたい』とか、自分の意見を大切にして、自己主張をしても良いとは思うんです。

ただ、書いたことの責任は、ちゃんと自分自身で取らないといけないことは事実。

例えば、誰かをネット上で、誹謗中傷したとして、その人を傷つけたなら、その責任は書いた人にある。

●ネットと現実を分けて考えられるか?

芸能人が、離婚や不倫や問題行動を起こした時に、それを知った視聴者が、『イライラするニュースだ』もしくは、『離婚や不倫したっていいんだ』と、思うかは、その人次第。

他人の行動を見て、イライラすることが嫌なら、見なければ良い、と言う人もいます。

それも、有りだと思いますが、なかなかニュースを全く見ないのは難しい。

●インターネットやテレビの中のニュースは、自分の回りとは本当はあまり関係ないことに気づくと、『ふーん、バカだなぁ』
『自分は関係ない、この人は、こうしたいんだな』と、一歩引いて考えて、物事を受け止めるようにして見ると、また、違ったモノの見方ができるかもしれない。

●メディア漬けになってストレスを感じてる、としたら、ちょっとスマホや、テレビを見ない日を作ってみるのも、良いのかな、と思いますよ。

心の疲れに、気づいてみましょう。

この記事を書いたユーザー

mana このユーザーの他の記事を見る

子育て中の一児の母です。セラピストのお仕事をしています。世の中のお母さんと子供たちがのびのびと幸せな毎日を過ごせることを願ってます。

得意ジャンル
  • おでかけ
  • 料理
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら