人が亡くなると、仏の弟子となり、新たな名前を授けられる。それが「戒名」。

そう思われているのだが、本来は違う。生前に仏門に入り、戒律を守り、仏道修行を行うと誓った出家者にだけ授けられる名前が「戒名」である。

いつの頃からか、故人専用の名前として、つけられるようになった。

そして、「戒名」には、なぜか“位(くらい)”が存在する。

仏の世界では、生前の身分の上下や精進・報恩の多少に関係なく、すべての人が平等である、と説いている。

なのに、“位”が存在するのはなぜか。

仏教界曰く、「生前、菩提寺との関係が深く、大きく貢献した者には高い位がつけられる」。

つまり、信仰心が強く、仏を敬い、尽くしてきた者は、亡くなってから高い地位につくことができる、ということか。それなら、納得もできる。

だが、それは大昔の話。いまは、「お布施」という名の戒名料があり、しかも相場が決まっている。

それだけではなく、つける“位”によって価格は上がる。

【信士(しんし)・信女(しんにょ)】:30〜50万円。

【居士(こじ)・大姉(だいし)/院信士(いんしんし)・院信女(いんしんにょ)】:50〜80万円。

【院居士(いんこじ)・院大姉(いんだいし)】:100万円〜。

“位”は僧侶が選ぶのではなく、生前の本人や親族によって選ばれ、高い金を出せば、高い“位”が買えるのである。

例え悪どい商売で儲けた金であっても、仏教界は高い“位”を用意してくれる。まさに、「地獄の沙汰も金次第」。

こんなことは、許されるべきではない。

仏の世界の平等は、“戒名ビジネス”によって、いとも簡単に崩壊したのである。

そんな不透明な世界に疑問を持つ僧侶も現れ始めている。お布施があまりにも高額なことに異を唱え、安く授ける“サービス”を始めた僧侶もいる。曖昧な金額のお布施を定額制にした葬儀社もある。

多くの関係者が、新しい道を切り拓こうとしている。

それでもまだ、戒名には“位”が残っている。この根本を改めなければ、仏教そのものが廃れてしまうのではないか。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら