夏休みも残りあと1週間。

自由課題にプリント。
読書感想文に観察日記。

何が辛いって「オトナも一緒になって楽しんで下さい」と夏休みに入る前に保護者会で(堂々と)言われ、9月になると自由研究が展示される。親のプロジェクトと言っていいくらい素晴らしい作品の数々を見て、あ~今年もなんかうまく出来なかったかな?

または、学期明け早々にしょんぼり帰ってくる子ども。「あまりみんな興味を示してくれなかった」と言われ、役不足だったと自分を責める。

親の負担多すぎでしょ!そんな怒りさえも感じる、楽しんでやるなんてそんな・・無理でしょう。思った経験はないでしょうか。


夏も終盤を迎え、子どもよりもオトナが焦りを感じ始める今日このごろです。そんな気持ちを代弁するかのようなツイートを発見!




同じ気持のご両親がいるんだ!とほっとしてしまいますね。

しかし、「研究」「学習」・・苦手でどうしていいか分からない~
と思われるお母さん、お父さんに必見!調べ学習ナビ。

最近では宿題代行サービスというものもあるようで、これは宿題を他人にアウトソースさせるというもの。子どもにとってあまりよく無い教育だと思うのですが、(だったらやらないで学校で先生に叱られた方がまし?!)ヨノナカ色々あるんですね。

ところで、宿題を子供にさせていて何が一番大変かって。。子供をその気にさせること!ガミガミ言わないで、自分から興味を持って手掛けられる秘訣があるといいですよね。

この記事を書いたユーザー

NAOKO このユーザーの他の記事を見る

楽しく読めるような記事を書いていきたいです。

得意ジャンル
  • 音楽
  • マネー
  • 社会問題
  • 育児
  • グルメ
  • 料理
  • キャリア
  • 感動

権利侵害申告はこちら