あなたは最近、ゲームセンターに足を運んでいるだろうか? 恐らく、このコラムを読んでいる人のほとんどは、行っていないだろう。

ゲーセンと言えば、中高生の溜まり場的なイメージだと思うが、最近は大きく様変わりしている。

土日は、小学生以下を連れた家族が多いのだが、そこに混じって高齢者の姿をよく見かける。平日は、高齢者の方が多い。

ゲーセンと高齢者は、イメージのギャップが大きいのだが、徐々に増えてきている。

だが、なぜいま高齢者なのか。

第一に考えられるのは、「ゲーセンは楽しい」ということに、高齢者が気づいたのである。若い頃には存在さえ無かったので、まったく知らない世界である。

1回100円を投入すれば、感じたことのない興奮を憶える。

多少金に余裕のある世代なので、あまり金のことを気にせず、退屈な毎日に、ひとときの楽しみを得ることができる。

第二には、ゲーセンに行くことに大義があるということ。

「ボケ防止」。手先を使い、脳を刺激する。医学的にもその効果は証明されているので、堂々と入っていくことができる。ただの無駄遣いではなく、健康のためだと言い訳できる。

第三には、孫へのプレゼントが獲得できるということ。

最近のゲーセンは、クレーンゲームのような、賞品を狙うものが多い。

しかも、おもちゃではなく、キャラクターのついたタオルやクッション、マグカップなど、生活用品的な賞品が揃っている。

おもちゃでは、孫の親である自分の子どもにイヤな顔をされるが、使えるものなら喜んでくれる。

孫の笑顔のためなら、おじいちゃん、おばあちゃんは、頑張ってしまうものである。

このように、高齢者がゲーセンに通うことは、悪いことではない。健康のためや日本経済のためにもなる。

ただ、時々見かけるのが、異常なまでにのめり込んでいる人である。

賞品を取ることに執着し過ぎて、次から次へと100円玉を投入している。鬼のような形相で、まったく楽しそうではない。

こうなっては、心身ともに悪影響を及ぼす。自身の性格を考えてから、足を運んで欲しいと願う。

ゲーセンに行かなくとも、テレビゲームをすれば、「ボケ防止」になるのではないかとは思う。「ゲーム=良くないもの」ではない。使い方次第では、薬にもなる。

ゲーセンに足を運ぶことも運動になるので、どんどん行けば良いのではないか。

“ほどほど”を楽しめば、高齢者にとって、素晴らしいレジャーになるだろう。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら