都内および近県を走るドライバー&ライダーにとって、都心部を軸に張り巡らされる首都高速道路は仕事でもプライベートでも利用の機会が多いんじゃないでしょうか?
この首都圏の大動脈たる首都高速道路の建設、維持、管理を行っているのが首都高速道路株式会社。その首都高速道路株式会社によると、8月27日(土)と28日(日)の2日間に渡ってお台場・メガウェブで環境イベントが開催されるそうです。

出典首都高速道路株式会社

ころで「首都高環境フェア2016 in お台場」とは、いったいどんなイベントなんでしょう?
ズバリ、首都高速道路株式会社がどのような"環境への取組み"を行っているのかを知ってもらおうといイベントです。たとえば"環境"クイズラリーや、使用済み横断幕を再利用するワークショップ「横断幕でプチバッグを作ろう!」、それにステージイベントなどを通じて取り組みへの理解を深めてもらおうというものだったりします。

れにネットワーク整備や車線拡張等の渋滞の緩和や生物多様性の保全活動、廃材リサイクルに積極的に取り組むなど「環境にやさしい道路」を目指して いるそうです。加えてリサイクルプロジェクト「サーキュレーション首都高」の展示も行われるそうなので、横断幕トートバッグ、タイヤ×横断幕のサンダルといったリサイクルアイテムを直に見ることだってできちゃいます。コレ、かなり興味わきますね!

HATARAKU TOTE

出典首都高速道路株式会社

首都高の横断幕がトートに変身
首都高でのお知らせ用として掲げられている横断幕が、その後こんな風にトートバッグへと変身しちゃいました。デイリーユースにちょうどよく、軽く、屋外使用向けに適した丈夫な生地というのもポイントです。どれも土木テイストあふれた柄と、風雨にさらされた味わいを持つ一点ものなんです

aruku-tire

出典首都高速道路株式会社

使用済横断幕と廃タイヤのリサイクルサンダル
こちらも使用済み横断幕、それに廃タイヤを活用して作られるリサイクルタイヤサンダルです。ジグソーで型にそって裁断後、ワイヤーを削ってからパテで埋めます。最後にサッシやパソコンなどから出る廃ネジで止めれば完成。留め具のネジ1本まですべての材料が廃材から作られています

らに人気の道路パトロールカーおよびホメパト(TOYOTA/86)の展示ありとのことですから、こちらも見逃せません。またクイズラリーの正解者には、標識看板を再利用して作製した「オリジナルリフレクター(反射板)キーホルダー」をプレゼントするというので、こちらは確実にGetしておきたいところ。まだまだ楽しんでいただけるコンテンツは盛りだくさんですから、ぜひぜひ会場まで足をお運びください!

この記事を書いたユーザー

Buono/隅本辰哉 このユーザーの他の記事を見る

二輪ジャーナリストとしてバイク&スクーター雑誌を中心として活動中。主に新旧スクーターに関する記事が専門。 とくにベスパを得意としていてベスパ関連書物などの出版もしています。なのでベスパを軸にスクーターやバイクのこと、ときには取材で出かけた食や遊びや旅のことまで書き記していきたいと考えています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ニュース

権利侵害申告はこちら