私には子供が4人います。上の子の時は、生活に余裕もあり、私自身も元気だったのでPTA役員を引き受けることもありましたが、現在は私自身の状況が違います。家計が苦しくなった上(借金があり仕事に出ています。)、私が自身が病気を患い、親の介護もあり、とてもじゃないですがPTA役員を引き受ける状態ではありません。
それでも役員の話がきます。
 個人的な事を話したくもないのに、少しの事情で断ると、それが許されず、仕方なくもう少し事情を話すと、「今回ダメでも次回は引き受けれるんですか?」と言われ、「わかりません。」と答えると「次々回ですか?いつなら出来るんですか。」と断ることが出来ない状況に追い込まれていきました。
来年以降のことなんて今はわかりません。

さらに子供を学校に行かせておいて、PTAに参加しないのはあり得ない、みんなそれぞれ事情があっても引き受けていると、色々責められました。

PTAは強制ではないとなっていますが、でも実情は強制だと思います。
やりたくないとかではなく
現実に出来ないということがどうして許されないのでしょうか。


この記事を書いたユーザー

しし座流星群 このユーザーの他の記事を見る

人生を楽しむために、記事を書くことにチャレンジ。
そんなおばはんな私の記事をどうぞ読んで下さい。
よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら