パルボウイルスという名の悪魔 白血球減少症

※長文です。
今までの記事にもポツポツと情報を書いていましたが、今パルボと戦っている子、疑いがある子、元気な子、そしてキャンさんも一度疑われた腹膜炎の疑いがある子等…
そんな周りの子達の為に、我が家が過ごしたこの地獄のような日々を書き留めておこうと思います。
※これはあくまでもキャンさんが過ごしていたやり方です。
これをしたら治る!とかそういう意味ではありません。

人間や、犬などに感染する型もあるパルボウイルス、
知らないとすぐに命の危険を伴うウイルスなのに
この知名度の低さと言ったらない。




野良猫だけの問題ではなく、家に住んでいる猫、ペットショップの猫にも感染しているケースが後を絶たない。

ペットショップの猫や犬がなぜじゃあ生きているのか、
ワクチン接種の時期を早めて打っている為、抗体が出来ているからである。


しかし、保菌つまりキャリアの状態なので無症状で感染が広がっているのが現状である。

特効薬などがないためワクチンを接種していないと極めて高い死亡率になってしまう。

パルボウイルスを克服した猫

出典 YouTube

この子はギリギリ回復できたが、ワクチン接種がいかに大事か思い知される出来事だった。

この記事を書いたユーザー

翔くん このユーザーの他の記事を見る

この翔くんブログの投稿記事は翔くんママが書いていますが、
時々現れるモグラは翔くんパパによる記事になります。
記事を読んでいて違和感があると思いますが、温かい目でご購読ください。
だってモグラだもの・・・・もぐお。

得意ジャンル
  • 動物
  • ゲーム
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら