筆者も大好きなチョコレート。少し疲れた時、一息着く時、ついつい口にしてしまいます。
こんなに美味しいチョコレート、何か健康に良いことがあったら一石二鳥!ということでどんな効果があるのかを調べてみました。

チョコレートとは、ご存知の方も多いかと思いますが、カカオ豆を焙煎し磨り潰して出来たカカオマスを原料に、砂糖やココアバターなどを混ぜて出来ているお菓子です。これだけ聞くと健康に悪そうな感じはしませんが、カカオマスのままでは苦いため、砂糖を多く含んでおり、カカオ自体にも脂質が多く含まれています。更にチョコレートとなったものには、その他植物油脂も含まれているため、あまり多く摂取することはお薦めできません。

しかし、調べてみると悪いことだけではなく良い効果もあることがわかりました。

★チョコレートで得られる効果!
1,カカオポリフェノールには抗酸化作用があるため、がんや動脈硬化の原因となるものの働きを抑えてくれる役割をしてくれる。

2,コレステロール、血圧を下げてくれる。

3,食物繊維が多いため、便秘解消。便秘が解消されるということは、お肌も良い調子になりますね!

4,チョコレートの苦味成分でもあるテオブロミンが血流をよくし、リラックス効果や集中力を高めてくれる。

★意外だった!
チョコレートに食物繊維があることは意外でした。便秘に悩む筆者にはありがたいことです。勉強で集中したい時、チョコレートに頼るのも良いですね!
調べてみるとチョコレートの世界は奥が深いものでした。全部は書ききれ無かったので、興味のある方はこれを期に是非チョコレートを検索です!

最後になりますが、これらの効果は、カカオ70%以上のチョコレートで得られるものが殆どです。ただカカオ70%はカロリーが高いため、1日の食べる量を決め、様々な場面でチョコレートを楽しみたいですね!

この記事を書いたユーザー

田辺とのまる このユーザーの他の記事を見る

ゆるっとぬるっとな人生を歩んできました。
趣味は料理、読書、ゲームです。
たまに頭の中で人生とはなにか、
人とはなにか、考えるときがあります。
お暇なときにちらりと覗いていただければ幸いです。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • コラム

権利侵害申告はこちら