ネット通販でしか手に入らない「ポテトチップス」をご存知だろうか。

菊水堂というメーカーの『できたてポテトチップ』。自社工場から直接客に発送している。一部店舗で販売はしているものの、基本的には通販のみ。

できたてのポテトチップスが、早ければ次の日には届くので、できたての美味しさが評判となり、常に1ヶ月待ちの状態が続いている。

チップスは、スライスして揚げただけという素朴な見ため。決して、上品さはない。パッケージもデザイン性はなく、簡素。

それでも売れるのだから、「よほど美味しいのか」と誰もが思うだろうが、売れている理由はそれだけではない。

通販でしか手に入らないという、希少性にある。

消費者は、珍しいものを欲しがる。近くで売っていないとなると、なおさら欲しくなる。ぜひ試してみたい、となるものである。

価格としては、145g×3袋×2箱がセットになって、1800円(税込み)+送料(関東近県500円)。

一般的なポテトチップスが1袋60g程度なので、このセットに換算すると、14.5袋分となる。

1800円と送料500円を足した金額を、市販品の量で換算すると、1袋約159円となり、やや高級品だと言える。

だが、通販限定という付加価値が、それほど高いものだとは感じさせず、1ヶ月待ちでも売れ続けているのである。

いまは通販以外には一部の店舗で売っているだけだが、もし流通に乗せて、どこででも買えるようになると、人気は一気に下降するかもしれない。

いつでもどこでも買えるものに、人びとはあまり興味を示さない。

手に入らないものだから欲しくなり、手に入れた時に感動も大きくなる。美味しさも倍増する。希少性があるから、高くても売れるのである。

このまま手を広げずに、地味に製造していく方が、長く生き続けることができる。道を見失わないで欲しい。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら