夏が終わると次のイベントはハロウィン!【アナと雪の女王】エルサのコスプレに挑戦してみませんか?

ハロウィンとは!?

ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英:HalloweenまたはHallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

“アナと雪の女王” 内容のまとめ

アメリカで2013年11月27日、日本では2014年3月14日に公開された上映時間102分の長編映画。

日本タイトル【アナと雪の女王】は【アナ雪】と略され親しまれています。
原作はハンス・クリスチャン・アンデルセンの『雪の女王』。

ディズニー史上初のWヒロインで話題にもなりました。
雪と氷の魔力を持つ女王の姉エルサ。エルサと王国を救うため冒険の旅に出る妹アナ。姉妹の真実の愛が描かれているストーリーです。

まずはドレスを用意しましょう

コスプレ用の衣装は多少のデザインの違いで多種多様にネット通販で購入出来ます。
こちらのドレスはカツラとセットで楽天市場で購入した物です。

ヘアアクセもポイント!

エルサの三つ編み部分に雪の結晶のヘアアクセがついています。

今回は手持ちのヘアアクセを代用しました。
雪の結晶のヘアアクセは楽天市場やAmazonなどの通販サイトでも安価で購入可能です。


ヘアネット(スーパーロングヘア)に髪をおさめます

お尻の下まであるストレートのロングヘア。
これをカツラ購入時に付属していたヘアネットに収めるために、2本三つ編みを作ります。

三つ編みをなるべく頭に密着させてヘアピンで固定していきます。


通常のセミロング~ロングヘアも髪をくくってからネットに入れる方がスムーズに進みます。


コスプレ用のカラーコンタクト

こちらのカラーコンタクトもネット通販で購入出来ます。

ポイントは“コスプレ用”という点。
通常のカラーコンタクトは自然な発色、自然な見た目が売りです。


コスプレ用のカラーコンタクトはかなり発色が良く、クッキリとした瞳を演出してくれます。

左側の写真が裸眼。
右側の写真は直径14mmのアクアブルーです。

続いてアイシャドウ

ドラッグストアで購入できるアイシャドウ。
今回使用したのはCANMAKE(キャンメイク)です。

アイホール全体にパールを多めに塗ります。
続いてピンク、紫とだんだんと濃く塗り重ねていきます。

日常的にするアイシャドウよりも濃い目に塗るのがポイントです。

そして出来ればブラウン系のアイシャドウなどでノーズシャドウを入れ、目元に立体感を出します。

つけまつ毛は100円ショップの品で大丈夫!

100円ショップのセリアで売られている目尻が長くなっているボリュームのある物を選びましょう。

付属品でノリが付いていない場合も同じくセリアの物で十分です!

つけまつ毛をつける前に黒のリキッドアイライナーで太めにアイラインを描いておきます。
目尻をはね上げて描くのがポイントです。

アイラインを引いてから自分の目のカーブに合わせて丁寧につけまつ毛をつけていきます。

まゆマスカラも明るめのブラウンを使用。

フェイスパウダーなどを使い、色白な透明感のある肌を演出していきます。

ここで一旦 化粧は仮終了です。
続いてカツラへと移行します。

カツラを装着!

カツラを装着する前に手で軽く髪の流れや動き、膨らみを整えて装着します。


今回使用したエルサのカツラはサイドにボリュームが大きく出ていて不自然さを感じました。

イラストでエルサの髪を確認するとトップにはボリュームがあり、サイドはタイトにまとまっています。

サイドのボリュームはUピンを使い押さえました。頭のサイズもボリュームダウンして、より不自然さが減りました。

仕上げの口紅

口紅はコフレドールのレッドを塗ってから、ファンシーショップなどでも購入できるFrozeのエルサ(レッド)グロスを重ね塗り。

これで完成です!

パンプスは手持ちの物を履きましたが、楽天市場やAmazonではエルサの履いているパンプスが安価で販売されています。
探して足元から完璧を目指すのも素敵だと思います。

普段のメイクからかけ離れた雰囲気。
日本から世界へとコスプレの文化が広がっていくのが分かるほど楽しさを感じました。

今回レポートするにあたって、生まれて初めてのコスプレでしたがポイントポイントを押さえて行くと形になることが分かりました。

もうすぐディズニーランドで行われるディズニー・ハロウィンの参考にもして頂けると嬉しいです。

【注意】
ディズニー・ハロウィンの仮装ルールでは、引きずるほど長い衣装はお控え下さい…との記載があります。
この記事で紹介したドレスはベール部分が長いので手で持つことをお勧めします。


仮装ルールを守って楽しいハロウィンをお過ごし下さい。

ディズニー・ハロウィン以外でも友達との集まりや他のアミューズメントパークやイベントなどで素敵な仮装をして楽しい時間が過ごせますように!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス