我々日本人にとって英語は憧れ。海外旅行などで、現地のネイティブスピーカーと流暢な英語でやり取りできたら…、と焦がれる人も多いはず。しかしアルファベットや文法となるとアレルギー反応を示す人は多い。日本人は英語が下手!とよく言われますが私は、長年個人的に英語を学んでいく中でなぜ日本人は英語が苦手なのか!その理由が最近わかりはじめ、その中で見えてきたのは「日本語という言語の素晴らしさ!」でした。
 世界中の様々な言語にはその言語特有の文字、発音、文法、概念などががあります。英語はアルファベットで微妙で曖昧な発音の連発、そして文法は日本語とはまったく逆。そこに英米の歴史や習慣に基づいた概念を備えた言い回しや表現法が絡んでくる。どこの国の言語も大小の違いはあるにせよ、まず言えるのは日本語との乖離(かいり)が大きすぎるという点でしょう。文字や文法は勿論のこと、例えば発音について挙げてみると、英語は複雑で微妙、曖昧で強弱があるのに対し、日本語は明瞭な母音と子音の発音でしかもフラットというまったく対照的! それについては英米と極東の島国日本という地理的な要因も関係しているのか、離れているほどに話す言葉も異質なものになると言えるのかもしれません。そして何より私も勉強する中で痛感するのがそのスピーキング スピードであります。英語の話すテンポは速い! まるで早口言葉だ。体感でざっと日本語の倍速い!だから聞き取れない、リスニングが苦手ということになる。「いやいや、それはあなたが慣れていないだけ!」という声も聞こえてきそうですが、例えば洋画を連想してみてください。「日本語の字幕を読み終えない内に画面が次へと替わってしまって…!」という経験ないですか? 英語はひとつひとつの言葉が短く一瞬で終わるので必然的に早くなるのです。だからあらかじめそれを意識して英語に対応できる耳を養うことが重要でしょう。次に難敵なのが発音法。日本語のように舌全体を叩き付けるような発音ではなく、英語は口角を上げ、舌先をなめらかに使って発音します。それを身につけるには同じ単語や文章を何度も繰り返して連呼し、英語用の舌を作ることが重要です。
 
 英語の特徴を知っていく中で気付いたことがあります。それは英米人は頭がいい、回転が速い! ということです。普段から、あれだけ素早い文章を聞き取って喋って会話しているのですから。それは英米の偉大な歴史が立証しているでしょう。
 18世紀、産業革命が起きたのはイギリスでした。そのあとしばらくヨーロッパやアジアではイギリスの時代が続きます。そして20世紀の大国アメリカを築いたのもイギリスが中心でした。そのアメリカが民主主義を生み出し、世界のスタンダードを築き上げるのです。ロックもイギリスで生まれています。 これらの出来事は、言語とも深く関わりがあると私は思います。英米人の発想力、行動力の速さは、英語という言語の特性に根差しているという気がするのです。優れた文化があるところには優れた言語があるのですから。 
 しかしその優れた言語、英語にも欠点があります。それは早口な故、相手に対しての
思いやりに欠けるという点です。「聞き取れないあなたが悪い!」と言うが如く喋りますから、聞き取る側はつらい場合もあるのです。その点日本語は相手のことを思いやる「おもてなし!」の言語と言えるでしょう。日本語にはその「おもてなし」の精神性が言語によく表れていると思います。日本語特有の尊敬語や謙譲語は先方を主体とした言葉だし、スピーキングスピードも聞き手を思いやったうえでの緩やかさ。他国から見た日本人の特性がここでもよく表れていると思います。 それに加え、英語はアルファベット28文字に対して日本語は50音順に漢字、カタカナの豊富な文字数で作られるボキャブラリーの数は世界一と言われます。それゆえ同じ事柄を意味する表現手段が数多い。日本人の頭の良さはここに表れていると思います。 優れた文化に優れた言語あり! 

 英語を学ぶ中で見えて来たことは日本語の素晴らしさでした。これからは日本語に誇りを持って正しく、より自由に使っていきたいと思いました…。

 



 
 

日本語って素晴らしい!

日本語って素晴らしい!

この記事を書いたユーザー

リュウスレイヤー このユーザーの他の記事を見る

キックボクシングジム直心会和歌山の会長としてジムを経営する傍らバンド活動にも励む。
ブログは新聞や読書から得た教養と実生活での出来事とを組み合わせ、そこから波状したものを
内容とするバラエティーコラム! 社会派の論文から小説、エッセイ、芸術、ハードロックまで幅広く執筆!

得意ジャンル
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら