シリアで爆撃被害に遭った5歳の少年

シリアで爆撃被害に遭った5歳の少年の衝撃的な写真が世界中に配信されました。

「まずあなたに知ってもらいたい。これはオムランです。彼は生きています。」

出典 http://goingviralposts.biz

シリアの爆撃被害に遭ったオムラン少年(5歳)

CNNニュースアンカーが言葉に詰まり涙ぐむ

CNNニュースのアンカーのケート・ボルダンさんはこのオムラン少年の写真を見て、放送中に言葉を詰まらせ涙ぐみました。

出典 YouTube

実際のCNNニュース
「これはオムランです。」(沈黙)「彼の両親と兄姉と一緒に住んでいたシリアの家が爆撃を受けました。」(オムランが救助される様子が映し出される)「彼の家には他に生存者はいませんでした。オムランの家族は死亡したのです。。」(ニュースはシリア空爆について続きます)

オムラン少年の写真が世界中に拡散

流血したオムラン少年の写真は、シリア空爆に対する被害の象徴として、現在、世界中に拡散されています。

彼が座っているのは救急車の中です。彼の名前はオムラン・ダグニッシュちゃん、まだ5歳です。彼が着ているTシャツは皮肉にもアメリカの人気アニメのニコロデオンの絵が描かれています。彼は空爆によってうけた傷からの流血と誇りまみれになった姿で、泣きもせず、ずっと黙ったまま前を見つめています。その姿が涙を誘います。

皮肉的に使用されていることも。。

何故、世界は、繰り返されるシリアでの殺戮を静観しているのか?

家族の無事を確認

2016年8月16日(火)、シリアのアレッポ市が空爆に遭いました。オムランの家はその爆撃で破壊されてしまいました。

CNNのアンカーのケートさんはニュースの中でオムランの家族は皆死んだと言ってましたが、奇跡的にオムランの家族全員が生き残ったことが後で判りました。両親と兄(弟)姉(妹)全員、助かりました。

しかし、家は完全に破壊されて、オムランちゃん一家はもう住む所がありません。

激戦地

オムランちゃんが住んでいるアレッポ市は反体制派と政府が支配する地域に分かれており、激戦地となっています。2週間前に奪われたアレッポ南西の地域を奪還すべく、政府軍は連日のように反体制派が支配する地域を激しく空爆しています。

シリア難民の犠牲者たちへの同情を誘った写真

昨年(2015)は、シリア難民のアイラン・クルディちゃん(3歳)が溺死した写真が世界中に拡散され、シリア難民の犠牲者たちに世界中が同情するきっかけとなりました。

出典 http://jp.wsj.com

溺死したシリア難民の男児の写真に世界が衝撃

SNSで反響 シリア空爆に対する批判高まる

政治的組織の犠牲になっている!残酷すぎる!こんな暴力はもうやめなければならない!

戦争に対する狼狽と悲しみで言葉にならない。。

戦争止めろ!

言葉を失ってしまいました。。

他にも「悲しすぎる」「私たちはなんて恵まれているの」「涙が止まらない」などたくさんのツイートがされています。また、フェイスブックでも拡散されています。筆者もこのニュースはフェイスブックでの友人のシェアで知りました。

最後に

オムランちゃんの一家が全員無事だったという事が唯一の救いです。オムランちゃんもこの後病院に運ばれて治療を受け、経過は良好だということでした。それにしても、学校や病院などを狙って空爆を行っているシリアの内戦は、本当に酷い現状です。シリア難民たちも、ボートで逃げ出しても沈没して溺死したりしています。

シリアの内戦が早く終わるように世界中の人々がもっと声をあげなければならないと強く感じます。

この記事を書いたユーザー

さくらまい (Mai Sakura) このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。
I am working as the Spotlight web writer in Japan now.
Estoy trabajando como un escritor web del centro de atención en Japón.
Я работаю в качестве веб-писателя в центре внимания в Японии.

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス