記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「髪は女の命」とは、昔からよく言われている言葉ですが、そんな命と呼ぶべき髪の悩みを抱える女性が増えてきているようです。
特に近年顕著なのが女性の抜け毛。その原因として「ストレス」や「ホルモンバランス」が大きくかかわっていることがわかりました。

そこで、貴女の大切な命を守ってほしいがため、今回は「女性の抜け毛」について医師に解説していただきました。

女性の抜け毛は、男性の抜け毛とどう違う?

女性の抜け毛と男性の抜け毛は、まず薄くなる部分からして異なります。

男性の薄毛は、頭のてっぺん、いわゆる頭頂部や生え際などが薄くなりやすく、耳の周囲などは逆に比較的残りやすいことが多いですよね。

女性の場合は、全体に髪の毛が抜け落ちて、ボリュームがなくなってペタッとしてしまうことが多いようです。

女性の抜け毛と関連する「ストレス」

女性の抜け毛と関連が深いとされる「ストレス」は、自律神経のバランスを乱し、頭皮や毛髪そのものへの栄養が行き届かなくなってしまいます。

また、ストレスや心配事が多いと、睡眠不足になったり、食事のバランスが乱れたり、ストレスから飲酒量が増えたりして頭皮への血流量が低下してしまうこと恐れもあり、この場合も髪が抜け落ちやすくなります。

それから、家にこもりがちで運動量の少ない生活を送っているとそれも、全身の血行不良の原因になりえますね。

女性の抜け毛と関連する「ホルモンバランス」

女性の抜け毛の原因として重要なものに、出産による「ホルモンバランス」の変化が挙げられます。

妊娠中は、非妊娠時と比較して女性ホルモンが著しく増加し、通常よりも髪が抜けにくい状態になっています。
この女性ホルモンが産後、一気に減少することで、非常に多くの産婦さんが薄毛の時期を経験されます。

また、赤ちゃんの慣れないお世話などで寝不足になったり、非常に苦労される方の多い時期でもあり、こういった精神的、肉体的なストレスも相まって、産後しばらくは抜け毛や薄毛に悩まれる方が多いようでもありますね。

抜け毛で悩んだらお医者さんへかかってください。

薄毛の原因によって異なりますが、ホルモンバランスの影響が疑われるなら婦人科、精神的なストレスが疑われるなら精神科などが利用できます。皮膚疾患が疑われるなら皮膚科もありますね。

それぞれ、薄毛の原因となったもともとの状態に対する服薬治療やカウンセリングなどが必要に応じて行われます。

また、抜け毛を予防する生活習慣として、ストレスをためず規則正しい生活をすること。
夜はしっかり眠り、食事もできる限り栄養バランスの取れたものを3食、欠かさずにとることが大切ですね。

≪ストレスからくる自律神経の乱れ、あなたは大丈夫?≫
自律神経は正常に働いている?【自律神経の乱れ度】チェック!

医師からのアドバイス

「髪は女のいのち」などという言葉があるように、女性はとにかく髪の毛の状態が気になりやすいものです。

もとになる髪の毛が少ないと、自分に似合う髪形にするためのボリュームがでない、というかたもきっと多いと思います。

出産など、やむを得ないケースもありますが、自分でできる対策はできるだけおこなって、元気な若々しい髪の毛を保ちたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら