記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
身体の不調やストレスによってあらわれる「ニキビ」や「吹き出物」 一旦治ったと思っても、それが「ニキビ跡」として残る場合もあるから厄介です。
しかし、この「ニキビ跡」は現代医療で治療が出来ることをご存知ですか。この症状に対して医療機関ではさまざまな治療方法が施されます。

そこで今回は「ニキビ跡」をテーマに、原因や正しいケア方法、治療からシミになるメカニズムまで医師に解説をしていただきました。

さまざまなニキビ跡の種類と原因

・赤くなってしまったもの
ニキビが炎症を起こして赤くなった後、ニキビ自体はよくなっても赤みだけがいつまでも残る場合があります。
これは、炎症によってできた傷を治そうとしてその部分の血管が増生したり、広がったりしたものが見えているものです。


・茶色っぽくシミになっているもの

これは、ニキビの炎症による刺激などによってその部分にメラニンが生成されたものがニキビがおさまった後も残ってしまったものです。


・ニキビがあった部分がへこんだもの

月の表面の凸凹になぞらえて、クレーターなどと呼ばれることもあります。
毛穴および周囲に炎症が起きたことで、表皮より下にある真皮の部分がダメージを受けて組織が破壊されてしまったものです。


・ケロイド

ニキビの跡がまるで手術跡のように盛り上がってしまう場合も体質によってあります。
周囲の皮膚と比較して赤っぽく、光沢も異なるようになってしまいます。

医師が教える!正しいニキビ跡のケア7カ条

・バランスの取れた食生活(野菜不足などならないように)

・ビタミン剤やサプリメントの服用

・ビタミンCが配合されたスキンケア用品の使用

・自宅でのイオン導入やピーリング

・紫外線ケアを入念にすること

・規則正しい生活を送り、十分に睡眠をとること

・洗顔、保湿を適切に行うこと

病院で施されるさまざまな治療方法

・内服や塗り薬
ビタミンの内服や、ハイドロキノンやトレチノインなどの配合されたクリームの処方などを行うことがあります。 


・レーザー治療

炭酸ガスレーザーやYAGレーザーなどを用いて皮膚の表面を削り皮膚組織を蒸散させます。


・光治療

フォトフェイシャルと呼ばれる方法で、特殊な光線を顔に当てて、皮膚のコラーゲン組織の再生を図ります。


・イオン導入

皮膚に極めて弱い電流を流して、赤みや茶色い色素沈着に有効な成分をより効果的に皮膚の奥に浸透させる治療方法です。


・ケミカルピーリング

弱い酸性の液を皮膚に塗布して、皮膚表面の古い角質などを溶かしだして剥がしてしまう方法です。
病院では自宅より、一般に濃度の濃い溶液を使用することができます。


・皮膚再生治療

自分自身の血液を使用し、血小板の多い多血小板血漿と呼ばれるものを注入する治療です。

ニキビ跡がシミになるのはなぜ?

ニキビ跡が薄い茶色のシミになるメカニズムとしては、ニキビによる炎症が起きるとその部分にお肌を保護する目的でメラニンが多量に産生されることによります。

また、さらに深い部分に炎症が及ぶと、真皮の血管が破壊されて出血し、赤黒く色素沈着する場合があります。

思春期ニキビ跡と大人ニキビ跡の違い

思春期ニキビ跡と大人ニキビ跡で、跡のでき方にはっきりした違いがあるわけではありませんが、思春期ニキビ跡は炎症が強いことが多いので跡が残りやすいと考えられます。

また、大人ニキビはお肌のターンオーバーなどが滞っていることが多いので些細な跡でも治るのに時間がかかるということも言えます。

≪気づけば、肌荒れがひどくなっている…≫
あなたの肌は大丈夫?ニキビができる前に【肌荒れ危険度】をチェック!

医師からのアドバイス

ニキビ跡は誰にとっても嫌なものですが、現代の皮膚科医療でかなり良くなります。
悩んだらクリニックを受診してみましょうね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス