さまざまな食材を使ってカラフルにアレンジした「レインボーピザ」をご存知でしょうか。その発色の明るさに「口に入れるのがもったいない!」「派手!」「おいしそう!」「う~ん、おいしくなさそう……」とSNSではさまざまな声。見ているだけでもなんだかじわじわと引き込まれるその世界観に、あなたも足を踏み入れてみませんか?

ピザといえばこれが一般的

Licensed by gettyimages ®

「マルゲリータ」をはじめとして、派手になったとしてもなんとなく落ち着いた色合いの、マットな仕上がり。こんがりきつね色をベースに抑えた発色になるのが普通です。おいしそう♪

始まりは海外のピザ

出典 http://www.ohbiteit.com

海外のグルメ系SNS「Oh! Bite it!」に投稿された自作のピザがこれ。その名も「レインボーピザ」と銘打たれサイケ調のピザが、ドーンと紹介されているのだ。これは食材ではなく、食べても大丈夫な食紅など色を付ける着色料を7種類使って作っている。

出典 http://www.ohbiteit.com

ピザ生地にピザソースとチーズをのせて焼き、チーズがふつふつしているところに7種の着色料を投入。あとはフォークで楕円やらせんを書いてグニャッとしたデザインに仕上げると出来上がり。海外はキャンディーでもジュースでも、毒々しい色彩が多く日本人にはちょっと抵抗があるかもしれません。でも、海外ではこれが美味しそう!ってなるのかな。

ところが相次いで「レインボーピザ」を作る人が続出

これはおいしそうな色合いですね。トマトやパイナップルなどフルーツ系に赤キャベツやズッキーニで彩を。

半円にする、しかもドーム型という斬新なデザインもレインボーならでは!パプリカ、ニンジンなどをうまく並べて、立体感があります!

周りに置いてあるのが使った食材のようです。ここまでくるともうアートの世界。

日本人だって負けていません!

日本でもカラフルな食材はたくさんありますから、簡単にできそうですね。着色料でウネウネさせるよりも、並べて魅せるレインボーのほうが美味しそう。

「焼き上がり・チーズに埋もれちゃった」とコメントがありました。レインボーピザのポイントは色彩を前面に押し出すために上からソースをあまりかけない、チーズも多すぎないのがコツ。

作るポイントは3つ

青色は食欲減退効果があるので、使わない

Licensed by gettyimages ®

焼き上がりのピザが青々としていたら、ちょっと食べる気なくしそうです。皆さんの写真を見ていると7色ではなく5色でまとめているものが多いですね。やっぱり日本人の場合色味が多すぎるのも、あまり好まれないかも。

チーズの量も考える

Licensed by gettyimages ®

チーズが多すぎるとせっかくのカラフル食材が焼きチーズ一色になってしまいます。しかも焦がしてしまえばレインボー感が陰ってしまいそう。チーズもデザインの一種だと考えたり、あえてチーズの上に食材を並べるなどがオススメ。最初のきっかけとなったレインボーピザも、元はシンプルにピザソースとチーズをのせて焼いただけのものでした。

素材の味を活かそう

旬の野菜を使うと美味しさも倍増。野菜は蒸しておくと発色がいい上に、焼き過ぎずに済むので便利。焼き野菜も焦げてしまうと、レインボーじゃなくなります。

いかがでしたか?レインボーピザも色彩を考えれば、お誕生日や記念日などでちょっと驚かせたいときにいいかもしれません。野菜がこんなに乗っているピザもなかなかありません。着色料もいいですが、あなたならではのアイデアレインボーを作ってみましょう。そしてSNSに投稿しよう。人に見せたくなる、作っているのが楽しくなる料理、という気もします。考えてみました!野菜だけでなく、イクラや蟹、ウニ、海苔、なんて海鮮尽くしのレインボーはどうでしょう?(←野菜苦手なだけ)贅沢かな♪

この記事を書いたユーザー

山田くらげ このユーザーの他の記事を見る

面白いモノを探して日夜ゆるゆる探検中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス