物理プロデューサー・芦原健二が、物理学・哲学・帝王学などを使って算出した内容を紹介していきます。

「才能の算出方法」




みなさまは、「ご自身の才能は何ですか?」と聞かれたら、どのように答えますか?
よく同じ質問をみなさまにするのですが、「元気なこと」「笑うこと」「子育て」など、いろいろなお返事が返ってきます。
では、「本当にそれが才能ですか?」「天命ですか?」と伺うと、「わからない」とおっしゃる方が結構多いのです。

では、どうやって自分の才能は算出すれば良いのでしょうか?

私はいつもこのような質問をします。
「生まれてから現在までの間に、最も感動したことは何ですか?」
「感激したこと、感情が揺さぶられるような出来事は何ですか?」
「夢中になった出来事、ハマった出来事は何ですか?」
そうすると、「料理にハマった」とか、「モータースポーツにハマった」とか、「音楽にハマった」とか、いろんな答えが返ってきます。
でも、「では、その中でみなさまの才能は何ですか?」とまた伺うと、やはり「わからない」となってしまう方がほとんどです。

なぜ「わからない」?


なぜ「わからない」のかというと、考えてしまうからわからないのですね。

才能とは、感じることの中に答えがあると思いますので、みなさまが「これが才能」「これが天命」ではないかと思ったものをやりきってみてください。
やりきるとどうなるかというと、嫌いになってしまうこともあります。
その中で自分自身がやりきっても、いくらやっても嫌いにならない、なぜかまたやりたくなってしまうものがあるかと思います。
みなさまの才能がまだ曖昧な時には、本当に好きなことを、起きている時間、使える可能な時間を使って、ひとつひとつをやったことがないのではと、多くの方のお話を伺っていて感じています。
なので、みなさまにとっての
「人生を経営すること」
「会社を経営すること」
の中に、やはり「好きなこと」「感動すること」「感激・夢中になるもの」というのは必要なものだと思いますので、それらをこの手法で計算し、割り出していただければと思います。

「感動・感激・夢中になったこと」は何ですか?

では、なぜ「感動・感激・夢中になること」がとても重要かというと、好きでもないことや、そこそこ好きなことをやっている時と、本当に好きなことをやっている時では、脳内から出てくるホルモンの物質が変わって、血液中の毒物を分解して再エネルギー化し、全然疲れない体になってしまうというデータが出ているそうです。
なので、本当に好きなことは、疲れない状態でどんどんやっていけますので、その効率の良い、自分がハイパフォーマンスでいけるようなカテゴリーで、是非、今後の人生を勝負していただければと思います。


この内容は、動画でも配信中です。

出典 YouTube

《時空会〜哲学・帝王学を使って才能・天命を設計〜》

この記事を書いたユーザー

時空会 このユーザーの他の記事を見る

時空会事務局 秘書の市川と申します。時空会とは、帝王学・哲学を使ってみなさまの天命・使命・才能を算出する場所です。「やりたいこと」や「好きなこと」「得意なこと」を仕事にしたいと思っている方をサポートしています。起業している方、これから起業する方に役立てていただければと思います。

得意ジャンル
  • 広告
  • キャリア
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス