「FRESH! by AbemaTV」にて、GAMYライターでGAMYガールな実況主紅巴さんが首都高をぐるっと1周して、『ポケモンGO』でどんなポケモンが出現するのかを検証する動画のまとめです。今回は首都高を降りて後に巡った場所と出現ポケモンの記録その3です。

紅巴×『ポケモンGO』実況

こちらは「FRESH! by AbemaTV」でゲーム実況を配信している、GAMYライターでGAMYガールな紅巴さんが、首都高をぐるっと1周してポケモンがどれだけ出現するのか検証する動画です。

動画の内容をまとめたのがこちら、首都高走行分のまとめ記事です。
首都高1周でどんなポケモンが出現したのか、ポケモンGETに高速道路はどうなのか。
ぜひお確かめください。

本記事はこの続き、首都高を降りて後のポケモン出現記録についてのまとめ第3弾です。
コイル大量GETを果たした紅巴さんとGAMY名物編集長はっちーさん、次の目的地は……? 

首都高続編その3スタート! 

つち系

「近くにいるポケモン」に、紅巴さんがまだGETしていないポケモンが4体表示されています。

ポニータ、メノクラゲ、マンキー、サイホーンですね。
サイホーンについて紅巴さん……。

紅巴さん「つち系かな」

じめん・いわタイプですよ紅巴さん。
つちタイプなんてのは存在しません。

キレイだねー(棒)

紅巴さん「キタキタキタキター!」
はちさん「この女、イルミネーションよりポケモンですよみなさん。今めっちゃイルミネーションが点滅してすごい綺麗……」
紅巴さん「うんキレイだねー」
はちさん「見てないでしょ、一瞬たりとも見てないでしょ」

イルミネーションが美しい場所を通るのですが、相変わらず『ポケモンGO』に集中しており、顔を上げようともしない紅巴さん。
出現したマンキーと戯れています。

はちさん「このイルミネーションの綺麗さをまったく見てない女を初めて見ました」

たしかに普通の女性なら喜ぶところ。
もし興味がなかったとしても、男性をガッカリさせないように嬉しそうな表情を作り「わー素敵★」くらい言うでしょう。

紅巴さん「そんな女のほうがいいんかい?」
はちさん「まぁ……扱いやすいっすよね」

扱いやすい。

はっちー編集長、事実ですが言っちゃダメです。

ポッポばっか♪

スマホ画面の中、紅巴さんのキャラの後ろに並ぶようにポッポが続いています。

紅巴さん「ポッポばっかポッポばっかポッポばっかじゃーん♪」

ポッポばっか」……小学生の国語で習う詩を思い出すような語感です。
みなさんも声に出してみましょう、リズミカルで少し楽しくなります。

男パス

イルミネーションを背景に、紅巴さんをイメージビデオ風に撮影しようと計画を立てるはっちー編集長。
GAMYガールとしてさらに活躍してもらうために、そういうプロモーションも大事ですよね。

はちさん「イルミネーションのところに横付けしたい。絶対綺麗っすよアレ」
紅巴さん「あーあそこの……あの……ココの手前ですねわかりますわかります」
はちさん「すげー聞いてねーわー」
紅巴さん「聞いてたよー」
はちさん「なんで僕1人頑張ってあなたのプロデュースを考えてるんすか」

また聞いてない。

コメント「サイコパスではなく男パス」

ホラー実況での奇行により、サイコパスの異名を与えられた紅巴さん。
今回サイコパスを通り越して、男パスの称号を授かりました。

ポケモンやりすぎの警察

近くをパトカーが通りがかった時こんな会話が。

はちさん「ポケモン警察だー」
紅巴さん「ポケモンやりすぎの警察ですな」
はちさん「違います。ポケモンで不正行為をしてる人がいないか調べる警察です」

その発想はなかった! 
紅巴さん、単語と単語の組み合わせから脳直で出てくる発想が謎すぎます。

どこのイルミネーションが綺麗か真剣に吟味する編集長の隣で、紅巴さんはメノクラゲコイルをGETしてご満悦。

はちさん「……この女は。みんな綺麗ー! って見てるんですが……」

とにかくはっちー編集長セレクトのイルミネーションの場所に車を停め、撮影を結構することになりました。

GO!

はっちー編集長がシチュエーションを説明します。
イルミネーションを背景に、画面奥から車に走ってきて、ピンマイクを付けて「ごめん待った?」さらに……。

はちさん「そこで可愛いこと言ってください」
紅巴さん「えー!?」

突然の無茶ブリ。
紅巴さんのアドリブで可愛いセリフを言うことになりました。

編集長がカメラを構え、紅巴さんは車から離れて待機します。

はちさん「GO!……あ」

編集長のGOと同時、画面右奥から歩いてきた通行人が綺麗に紅巴さんにかぶりました。
これにははっちーさんもスタッフさんも大爆笑。
コント並に見事なタイミングでのかぶりでした。

さすが紅巴さん、いろいろ持ってます。

ドリフト少女

車内の爆笑を知らない紅巴さん、通行人が去るとすぐに走り寄ってきます。

紅巴さん「ごめん待ったー? 今日も一緒にポケモン捕まえに行こうね!」

『ポケモン』に逃げる紅巴さん。
しかし編集長、コメントには突っ込まずリピートを要求します。

はちさん「ちょっと早いんでもっとゆっくり。もっかい」

そのスピード感、上の画像でおわかりいただけると思います。
人体がナナメに傾ぐ、ということは停止の時またはカーブの時に、ある程度のスピードが出ていたということです。

このようなシチュエーションで女子がかけ寄ってくる、なんて一生懸命な自分をアピールするポーズに過ぎません。
撮るほうも見るほうも、それを理解した上であざとさを含め楽しむものです。

それを彼女は結構な本気走り。
カメラに向かってドリフト走行。

アイドルにはなれないかもしれませんが、それでこそGAMYガール紅巴なのです。

気を取り直して

再び画面奥へ移動し、今度は少しおしとやかに車へかけ寄ってくる紅巴さん。

紅巴「ごめん待ったー? 今日も一緒にポケモン捕まえに行こうねー!」

決まりました。
恥ずかしそうな表情がとても可愛らしいので、セリフのことはいいです。
照れスイッチが変な場所にあることも、いろいろナナメ上なことも、全部含めて我らがGAMYガール紅巴さんなのですから。

はちさん「いやー楽しいなこのプレイ。ヘタしたら本当楽しいのは僕だけかもしれない」
紅巴さん「もう疲れたぁ……」

羞恥プレイにグッタリな紅巴さんなのでした。
しかしここで反撃、はっちーバージョンを撮ることに!

おそっ!

何の照れもなく了承し、画面奥へスタンバイするはっちー編集長。
数秒置いて、車に向かって歩き出します。

紅巴さん「おそ! おそ! 歩くのおそっ!」

余裕のある男の演出なのでしょうか、胸を張ってゆったりと歩く編集長……まるでオードリー春日のようです。
紅巴さんはこの時点で笑いが止まりません。

車体の上部に腕をかけ、壁ドンならぬ窓ドン状態に。

はちさん「おまたせ……これ飲みなよ」

決まったーーー! 
見事に決まりました、編集長のキメ顔が紅巴さんの腹筋を抉ります! 

はちさん「笑いすぎでしょアナタ」
紅巴さん「がちキメしてた」

完全にダウンした紅巴さん、息も絶え絶えです。
私も(俺も)はっちー編集長に口説かれたい、という方は、ぜひ動画を画面フルサイズでお楽しみください。

今回のGET合計

今回、都内某所の駐車場を出発してから、首都高1周、芝浦パーキング、フジテレビ付近と巡ってきました。
約2時間でGETしたポケモンの合計は41匹です! 

大量のコイルや、レアポケモンのジュゴンマルマインカイロスなども入手でき、なかなかの成果となりました。

首都高1周+αの旅、終了

ということで、今回の動画は終了となります。
紅巴さん、はっちー編集長、スタッフふぉれすてぃさん、お疲れ様でした。

首都高1周+αの2時間、お楽しみいただけましたでしょうか。
これからも紅巴さんのチャンネルでは『ポケモンGO』の情報やロケをお届けするとのことなので、リアルタイムで視聴し、一緒に『ポケGO』をエンジョイしましょう。

紅巴さんのチャンネル

『ポケモンGO』実況で紅巴さんのことが気になったら、ぜひほかのゲームの実況動画もチェックしてみてください。
ホワホワした雰囲気に癒されたり、予想外の行動に度肝を抜かれたり。
小動物がゲーム実況をしているような胸キュンが楽しめます。

チャンネルをフォローすると、配信情報の通知を受け取ることができるようになります。
生放送をお見逃しなく! 

<編集部注>
本記事で紹介している動画において『ポケモンGO』をプレイしているのは、助手席の紅巴さんです。運転者がプレイするのは大変危険なのでやめましょう。
またゲームプレイのために急停車・急減速するなどの行為も大変危険です。
法律・交通ルール・社会マナーなどを守って『ポケモンGO』をお楽しみくださいませ。

関連情報

この記事を書いたユーザー

GAMY編集部 このユーザーの他の記事を見る

ゲーム攻略サイト・GAMY(ゲーミー)です。ゲーム実況動画に関するトピックスをメインにお伝えしてゆきます。https://gamy.jp/

得意ジャンル
  • インターネット
  • ゲーム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら