記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
少し前から「ゼロカロリー」とうたう清涼飲料水や、デザートがスーパーやコンビニで目にするようになりました。
このゼロカロリーの甘味料については「ダイエット効果がある!」「身体に悪影響だ!」など諸説が唱えられてきましたが、真相はどうなのでしょうか?

そこで今回は「ゼロカロリー甘味料」はダイエット効果があるのかないのかはっきりさせたい!と思い、医師に聞いてみました。

「ゼロカロリーの甘味料」はなぜカロリーがないのですか?

ゼロカロリーの甘味料は、構造が砂糖と非常に似ていることから舌に「甘い」という感覚を起こすことによって私たちは甘さを感じます。

ただ、消化管内で消化されて吸収されにくい物質であるため、身体にとってはほとんどカロリー・栄養にはなりません。

つまり、人間の舌に砂糖、あるいははちみつやメープルシロップなどの甘みと同様の感覚を起こさせる、人工甘味料と呼ぶことができますね。

「ゼロカロリーの甘味料」は健康に良い?悪い?

砂糖などとは若干後味などの点で異なってはいても、特に甘党の方などはゼロカロリーの甘味料の甘い味を感じることによって満足感を得る方は多いでしょう。
他にも、カロリーが低いということからダイエットをしている方にとっては、カロリーコントロールに役立つと言えます。

また、糖尿病をお持ちの方などにとっても砂糖を使うよりこういった人工甘味料を使うほうが血糖のコントロールがしやすいという場合もあるようですね。

ただ、カロリーがほとんどないものが、本来人間の体にとってカロリー、つまりエネルギー源となる甘みを感じさせることが、インスリンの分泌や働きなどに影響をあたえ太りやすくなるといった説もありますね。

「ゼロカロリーの甘味料」はダイエットに有効?

ゼロカロリーの甘味料は、カロリーが少ないという点ではダイエットに有効と言えます。

どうしても甘いものが食べたい、体重を気にしてはいてもコーラや清涼飲料水を楽しみたい、といったときにはゼロカロリー甘味料を用いた製品が手に入りやすくなっていることもあり、選択肢の一つとして考えられます。

しかし、多量に摂取したり、日常的に使用することによって、悪影響を与える可能性もあるのではないかと報告されており、今後のより明確なダイエットとゼロカロリー甘味料使用関連の解明が望まれます。

「ゼロカロリーの甘味料」を摂取する際には注意しよう

ゼロカロリーの甘味料を摂取するときに注意したいところは、過剰摂取です。

ダイエットをしているからと言って、ゼロカロリーのゼリーや、ソーダ類などばかりの食生活は体重は一時的に減少したとしても、健康的な生活とは程遠いです。
結果的に、必要な栄養分の足りないやつれたような痩せ方になってしまう危険性が高いと思います。

あくまでカロリーオーバーしそうな時のピンチヒッターとして用いる程度にしたほうが良いでしょう。

≪ダイエットしているのに…全然うまくいかない…≫
そのダイエット、生活習慣が原因かも!?【痩せない生活習慣】診断

医師からのアドバイス

カロリーが低くて、でも甘いものが食べられるというなかなか魅力的なゼロカロリー甘味料。
種類も色々ありますが、お砂糖同様、摂りすぎずほどほどに付き合っていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス