記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
知っているようで知らない「妊娠検査薬」の正しい使い方。陽性か陰性も、一つだけの意味ではなく複数の要因があることを知っていましたか?

「妊娠検査薬」使用初心者の方に向け、医師が分かりやすく解説をしてくれました。使用する前に一読しておくことをオススメいたします。

妊娠検査薬の仕組み

私たちの身近にある妊娠検査薬ですが、どうして妊娠しているかどうかかなり高確率でわかるのか、仕組みをご存知の方は少ないかもしれません。

妊娠検査薬は、妊娠した女性の尿中に検出されるhCGというホルモンに対して反応するようにできています。一般的な妊娠検査薬の場合は、尿中のhCGの値が50mIU/mL以上の時に、陽性となるように作られています。

妊娠検査薬の正しい使い方

使用可能時期

一般的な妊娠検査薬は、生理開始予定日の一週間後から使用可能になっているものが多いです。

実際に、生理不順などがない方で妊娠が成立していれば、この時期に尿中のhCGの値は50mIU/mLに達している可能性が高く検査ができます。

また、生理不順があったり、前回の生理の日付がはっきりしないといった場合には、思い当たる性交渉があった日付から3週間を過ぎたら妊娠検査薬を使用することが可能です。

使用上の注意

尿中hCGが50mIU/mLに達する時期には個人差があること、ごく一部ですが妊娠以外の原因でも陽性となる場合があることなどに注意が必要です。

妊娠検査薬は比較的信頼度の高い検査ではありますが、もちろん100%確実なものとは言えませんので、妊娠が疑われたら必ず医療機関への受診が不可欠です。

妊娠検査薬の陽性反応

・正常妊娠
・子宮外妊娠
・初期流産
・人工中絶後
・hCGを含む投薬を受けている
・悪性腫瘍など

初期流産や中絶後であったり、主に不妊治療などでhCGを含む注射などの薬剤を使用していたりする場合には、妊娠検査薬で陽性という結果が出ていても妊娠していない可能性があります。

妊娠検査薬の陰性反応

・妊娠が成立していない
・尿が薄く、hCGの濃度も薄くなってしまっている
・妊娠しているが、hCGが設定された濃度に達していない(検査の時期が早い場合を含む)

生理不順や排卵日の思い違いなどで、検査をする時期が早すぎたりして尿中のhCG濃度が基準に達していない場合に妊娠しているのにも関わらず、妊娠検査薬は陰性と出る場合もあります。

このため、妊娠判定薬で陰性と出ても予定された生理が来ないようであれば、一週間ほど間を開けて再度妊娠検査薬を使用してみましょう。

また、尿が薄すぎる場合も濃度が薄れて実際よりもhCG濃度が薄く測定されがちですから、朝一番の尿で検査してみるとよりよいかと思います。

≪まずは、自分の妊娠力を調べてみませんか?≫
1分で簡単チェック【妊娠しやすいカラダ度】を診断してみる

医師からのアドバイス

妊娠を待ち望んでいる方にとっても、恐れている方にとっても、どきどきするのが妊娠判定薬ですね。
生理予定日の一週間後まで待ちきれない、という方には少し割高にはなりますが、もう少し低い尿中hCG濃度でも反応する早期妊娠判定薬なども市販されていますので、そちらの使用も考えられるとよいかもしれませんね。

(監修:Doctors Me 医師) 

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス