Licensed by gettyimages ®

病院に勤める、医師・看護師達は毎日、命と向き合っています。特に看護師は、医師の指示に従いケアをしてくれ、患者の身の回りのお世話をし、時には病気で心弱くなった患者を励ましたりと、プライベートな話をすることもあります。

長年、死と間近に接してきた看護士がいます。緩和ケアを専門とする末期患者の介護に携わってきた女性。今、この看護師の書いた本に掲載されたある"リスト"がメディアに注目され話題になっています。人が死を間近に感じた時、何を後悔するのか?見方を変えるとそこには"生きるヒント"が隠されていたのです。

Licensed by gettyimages ®

ご自分の死を想像したことありますか?もし、その日が今日だったらあなたは何を思いますか?

今回、ご紹介するのは、終末期ケアに携わり、患者が亡くなる前の数週間をともに過ごすオーストラリア人看護師のBronnie Wareさんがまとめた本『The Top Five Regrets of The Dying』(死ぬ瞬間の5つの後悔)

ブロニーさんが、末期患者と関わり感じた事、それは死が近付くに連れほとんどの人が人生を振り返り「後悔や反省」の言葉を口にするということ。彼女はその言葉をブログにまとめました。その中で特に多かった「5つの後悔」をお届けします。

The Top Five Regrets of the Dying(死ぬ瞬間の5つの後悔)

1.期待に応えるよりも、 “自分らしく”生きればよかった

Licensed by gettyimages ®

I wish I’d had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.

人の期待に添うのではなく、もっと自分が望むように生きるべきだった

出典 https://www.theguardian.com

「人の期待に応えるべく頑張るのではなく、自分のために自分らしく生きること」この後悔が一番多いそうです。

人の期待に応えたくなる気持ちは皆さん同じだと思いますが、自分の気持ちに素直に自分らしく生きることも大切だと教えてくれます。

2.あんなに一生懸命働かなければよかった

I wish I didn’t work so hard.

あんなに一所懸命働かなければよかった

出典 https://www.theguardian.com

この言葉は男性に多く聞かれたそうです。仕事に夢中になり家族に寂しい思いをさせてしまったのではないか。子どものこと、奥さん、旦那さんとの思い出を語り、家族のためにがむしゃらに働きはしたけれど、もっと家族との時間を持てばよかったと語ることが多いそうです。

3.もっと自分の感情を表現する勇気をもてばよかった

もっと自分の感情を表現する勇気をもてばよかった
I wish I’d had the courage to express my feelings.

出典 https://www.theguardian.com

誰しも人間関係を円滑に保つために、波風をたてないようにと、皆さん多かれ少なかれ我慢していることがあると思います。言いたいことを堪え、胸にわく感情を殺すことも時にはあるのはないでしょうか。その結果、曖昧な態度をとることになり本音のやり取りができなくなることも…時には泣いて、怒って感情をぶつけてみることも大切なのかもしれません。

4. もっと友達と連絡をとればよかった

Licensed by gettyimages ®

I wish I had stayed in touch with my friends.

もっと友達と連絡をとればよかった

出典 https://www.theguardian.com

「死」を目前に控えて初めて分かることがあります。お金や地位ではなく心の隙間を埋めてくれるのは家族や大切な友人。仕事や家族との生活に精一杯で友達との時間がどんどん少なくなることは珍しいことではありませんが、時には時間を作り連絡してみてはいかがでしょうか。

5. もっと自分を幸せにしてあげればよかった

I wish I had let myself happier.

もっと自分を幸せにしてあげればよかった

出典 https://www.theguardian.com

「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多いとブロニーさんは指摘します。自分の中にある概念にとらわれ情熱を失い、日々の暮らしの快適さに冒険を忘れてしまうことがあります。変化を恐れず本当の意味での幸福を見逃してしまわないように、無邪気な笑顔も時には大切ではないでしょうか。

Licensed by gettyimages ®

いかがでしたか?ネガティブな話だと思われた方もいるかもしれませんが、この中には、生きるヒントも隠されています。人は何度か人生の岐路に立つことがあります。どの道を選ぶかは自分次第。この世に生まれた瞬間から、私達は「死」へ歩みを止めず歩み始めます。「死」を間近に感じることは難しいのかもしれませんが、もし、大きな選択を迫られた時は、「後悔」しない道を選びたいものです。

Thanks for reading to the end.

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス