彼は傷ついた葦を折ることなく、
   暗くなっていく灯心を消すこともない。イザヤ書42:3
      (8/14の週の聖句)

 全地はあなたに向かってひれ伏し、
あなたをほめ歌い、
御名をほめ歌います。詩編66:4

 私たちの主イエスの名が
あなたがたの間であがめられますように。Ⅱテサロニケ1:12

 マルコ7:31~37
 詩編147
      (ローズンゲン日々の聖句8/14;日)

 天の神、主、「わたしはある。わたしはあるという者である」と名乗られる方は、
御子である方が人となった方、イエスについて言われます。

 「見よ。わたしのささえるわたしのしもべ、
わたしの喜ぶわたしが選んで者。
わたしは彼の上にわたしの霊を授け、
彼は国々に公義をもたらす。
彼は叫ばず、声をあげず、
ちまたにその声を聞かせない。
彼はいたんだ葦を折ることもなく、
くすぶる燈心を消すこともなく、
まことをもって公義をもたらす。
彼は衰えず、くじけない。
ついには、地に公義を打ち立てる。
島々も、そのおしえを待ち望む。」(イザヤ42:1~4)と。


 この方に向かってうたいます。
「全地よ。神に向かって喜び叫べ。
御名の栄光をほめ歌い、
神への賛美を栄光に輝かせよ。

神に申し上げよ。
「あなたのみわざは、なんと恐ろしいことでしょう。
偉大な御力のために、
あなたの敵は、御前にへつらい服します。
全地はあなたを伏し拝み、
あなたにほめ歌を歌います。
あなたの御名をほめ歌います。

さあ、神のみわざを見よ。
神の人の子らになさることを」(イザヤ66:1~5)と。


 「その日には、主イエスは(再び)来られて、
ご自分の聖徒たちによって栄光を受け、
信じたすべての者の感嘆の的となられます。

私たちの神が、私たちを召しにふさわしい者にし、
また御力によって、善を慕うあらゆる願いと信仰の働きとを全うしてくださいますように。
私たちの神であり主であるイエス・キリストの恵みによって、主イエスの御名があがめられ、私たちも主にあって栄光を受けるために」(ⅡテサロニケⅠ:10~12)と。


 イエスがなさったように、「聖である霊」と呼ばれる方をお迎えする者ととおして、「父である神」の、耳が聞こえず、口のきけない人を、目の見えない人を、生まれたときから足がなえていて歩けない人を、ずっと病で苦しんでいる人を癒そうと思われる御思いの現れを見て、
私たちも、「この方のなさったことはみなすばらしい」(マルコ7:31~37)と。


「ハレルヤ。
まことに、われらの神にほめ歌を歌うのは良い。
まことに楽しく、賛美は麗しい。
主は心の打ち砕かれた者をいやし、
彼らの傷を包む」(詩篇147)と。

 この新しい週も。


[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ] "哲学・思想 ブログランキングへ"[269RANKのランキングサイト]

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス