猛暑猛暑で、エアコンのない日々は考えられない昨今。でも巷ではずーっと話題になっている、エアコンのON・OFFとつけっぱなしではどちらが節約になるのか問題。これをとうとう、かの「ダイキン」さんが徹底検証してくれました。これでビビらず、正しく、安心してエアコンのある暮らしが実現。しかも家計にも優しくなって幸せ、幸せ。

つけっぱなしが安いと思いながらも実践者は5割

夏場のエアコン利用に関する生活者アンケートを行ったところ、約7割の人が「つけっぱなしの方が電気代が安い」と考えていることがわかりました。しかし、実際に外出時にエアコンのつけっぱなしを実践している人は約5割にとどまり、本当につけっぱなしの方が安いのか疑問を持っている人が多いようです。

出典 http://www.daikin.co.jp

そうでしょう。もしもつけっぱなしにしてバカ高い電気代を請求されたら……、と思うと怖くて試すこともできません。「誰かに試してほしい」という心の声は、やがてダイキンさんに届きました。

9時から18時まではつけっぱなしが正解!

出典 http://www.daikin.co.jp

9:00~23:00まで「つけっぱなし」にしたエアコンと、30分間隔で運転ON/OFFを繰り返したエアコンの消費電力量を比較してグラフにしました。すると「つけっぱなし」の方が安くなる時間帯が見えてきます。

結 果:日中9:00~18:00の時間帯は、30分間であればエアコンを切るより「つけっぱなし」にする方が消費電力量は少なくなりました。

出典 http://www.daikin.co.jp

小まめに入り切りすると、エアコンは重労働になる

出典 http://www.daikin.co.jp

エアコンというのは設定温度まで下げたら、あとは現状維持モード=楽な運動で済みます。ところがスイッチを入り切りすると、切った瞬間から温度は瞬く間に上がり、入れた瞬間にはまた猛ダッシュで設定温度まで下げようと頑張ってしまうんですね。その間は重労働になっているので、電気もたくさん使うわけです。

時間帯でも比べてみよう!

出典 http://www.daikin.co.jp

ブルーの線が小まめに入り切りしたときの消費電力。赤い線がつけっぱなしの消費電力です。午後12時を過ぎると外気が最も暑くなってくるためでしょうか。入り切りした方が電力は高くなっています。すごくエアコンが働かされている状態です。

出典 http://www.daikin.co.jp

逆に夜の時間帯では外気が冷えてくるためか、小まめに入り切りした方が消費電力は少なめ。21時ごろから変わってくる感じですね。

一日つけっぱなしにした場合と、生活を想定して入り切りした場合

出典 http://www.daikin.co.jp

一日の生活を想定して消費電力を測ってみたグラフ。お昼の11時にエアコンを切って1時間外出。12時に帰ってきてエアコンを入れた時が、一番消費電力が高い!18:00~20:00の2時間外出時には、つけっぱなしと入り切りでかなり大きく差がついています。

「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」の消費電力に差が生まれた最大の要因は、エアコンの運転をOFFにした外出時間の長さにあると言えそうです。

日中9:00~18:00までの時間帯は、30分程度の外出であれば、エアコンを切るよりも「つけっぱなし」にする方が電気代が安くなりましたが、今回の実験のように外出時間が長くなると、エアコンの運転をOFFにした方が消費電力量は小さくなると言えそうです。

一方、設定温度に到達したら運転をOFFにし、10分程度の短い時間でまた運転をONにするというような運転をした場合には、エアコン起動時の消費電力が高くなる回数が多くなり、「つけっぱなし」の方が安くなると推察されます。

出典 http://www.daikin.co.jp

時間帯によってうまく切り替えることが、節約のコツということですね☆

では簡潔にまとめてみましょう

Licensed by gettyimages ®

①日中は、35分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い。

35分以内で家に戻ってエアコンをつけるのであれば、つけっぱなしに。

②夜は、18分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い。

それ以上外出するなら、入り切りスタイルで。

③とにかくつけっぱなしにしていたら、つけっぱなしの方が高い。

1日の消費電力量は「つけっぱなし」が5.7kWh、「こまめに入り切り」が4.4kWhで「つけっぱなし」の方が大きくなりました。電気代に換算※すると「つけっぱなし」が153.9円、「こまめに入り切り」が118.8円となり、「つけっぱなし」の方が1日で35.1円高くなります。

出典 http://www.daikin.co.jp

④朝9時~夜6時までワンセット、夜6時から~11時まででワンセットと考えてスタイルを変える。

⑤冷房の設定温度は1℃設定を高くすると、約13%も消費する電力が少なくなる

28度が最適とされています。28度で暑いと感じたら扇風機などを併用して節約!

あくまでも環境によって変わるので注意

Licensed by gettyimages ®

実験は大阪の南向きマンション・築10年2部屋で行われたもの。実際は環境によって大きく左右されるので、絶対ではありません。

追加ポイント・⑥エアコンの掃除はマメに!

汚れによって30%運転効率が下がっていたとしたら、電気代にすると135日間で3,696円〜11,396円のロスになります。

出典 http://www.noe.jx-group.co.jp

⑦せっかくの電力自由化!電力会社を見直してみよう。

電力会社の電気料金の比較サイトを見てみると、わかりやすく料金が比較されています。高い会社と安い会社では2,000円以上の差が出ていたり、状況によって10%以上安くなる場合もあるのだとか。ここも電気代節約のポイントです。

いかがでしたか?ダイキンさんのおかげで、曖昧だったエアコンと電気代の関係が明らかに!これでどう使い分ければいいかわかり、ようやくスッキリ!快適エアコン生活でこの夏を乗り切りましょう!

この記事を書いたユーザー

山田くらげ このユーザーの他の記事を見る

面白いモノを探して日夜ゆるゆる探検中。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら