ラム酒って?

出典記者撮影

ラム酒とは、お酒の分類で言うと蒸留酒です。ですので焼酎と親戚関係です。
ただし、原材料は焼酎のような穀物ではなく、砂糖をサトウキビの絞り汁から精製するときに出る廃蜜糖なのです。
お酒として飲む他にも、おなじみのラムレーズンやお菓子に風味付けとして加えられますね。

出典記者撮影

ラム酒の分類は色や風味によってされますが、一般的には色で言うことが多いようです。
ダーク、ゴールド、ホワイトなどの分類が有名です。
写真のバカルディは世界最大のブランドです。透明なのでホワイトラムということになります。

出典記者撮影

キューバ生まれですが、現在はプエルトリコ製です。
歴史的にはキューバ革命の時に国有化される(接収される)のを危惧して、国外に会社を移したそうです。プエルトリコには同社の蒸留所があります。

出典記者撮影

さて、ラム酒は強いお酒のため、カクテルベースになることも多く、バカルディというブランド名がそのままカクテルの名称になっていたり、日本でも流行したモヒートの最初のレシピはバカルディが指定されていました。

ラム酒はそのくせのない味わいから、食前でも食事中でも食後でも、いつでも合うお酒なので、本来は気軽に飲めるお酒です。
最近ではラム酒とレモンとソーダで作った「ラムハイ」なるものを店頭でよく見かけるようになりました。
チュウハイ(焼酎ハイボール)、ハイボール(ウイスキーソーダ)と同様に、ラムをソーダで割るので「ラムハイ」ですね。

出典記者撮影


作り方はいたって簡単で、ホワイトラムをソーダで割ってカットレモンを添えればいいだけです。
お店で出される「純正」のラムハイはジョッキにラム1に対してソーダ4です。

家庭でレモンは面倒であれば、入れなくても立派に「ラムハイ」です。ジョッキではなくタンブラーでももちろんOKです。
どんな料理にも、またどの場面でも合うお酒なので、試してみてください。
ただし、いくら口当たりがいいお酒であってもアルコール度数が高いのでソーダとの割合には注意してくださいね。
あなただけのレシピを見つけて暑い夏を乗り切ってください。

取材記者 古川智規(フリーランスライター)

この記事を書いたユーザー

古川智規 このユーザーの他の記事を見る

フリーランスライターとして雑誌やWEB媒体に執筆しています。特にジャンルはなく、なんでも書くことを心情としています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら