結婚して数年経っている人なら、実感していると思う。

“婚礼家具は邪魔になる”

大きいだけで、機能的ではない。デザインも重厚なだけで、お洒落ではない。

親としては、恥ずかしくないようにと持たせたいのかもしれないが、ちょっと考え直してみよう。

引っ越す時にも悩みのタネ。高価なものだし、親に申し訳ないと思うので、捨てられない。

リフォーム番組を見ていると、家を狭くしている理由のひとつは、必ず婚礼家具である。丈夫で長持ち、ということ以外、良いところがない。

特に中部地方の方。見栄だけで、そんな邪魔ものを娘に持たせるのは、やめよう。いい迷惑である。

私のお奨めは、通信販売の家具。

細かく見れば、安っぽい造りだが、見ためはお洒落なものが多くなったし、安いのが嬉しい。

組み立て式が多いが、ふたりで作業するのも楽しいものである。組み立てが苦手な人には、組み立てサービスのある通販もある。

もし、不要になっても、惜しい金額ではない。生活スタイル・レベルに合わせて、買い替えていけば良いのである。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス