隣の部屋の住人たちが泣き叫んでいると通報が入る

今回の年配のご夫婦の話を聞くと、私たちはもっと祖父母に会いに行くべきだと感じることでしょう。

2016年8月2日(火)、イタリアのローマ警察に、あるアパートの住人から1本の通報が入りました。「隣の部屋の住人たちが泣き叫んでいます。様子を見に行ってあげてください。」警官は急いでその部屋に駆け付けました。

その部屋の住人は年配の夫婦2人でした。94歳の夫ミッシェルさんと84歳の妻ジョールさん。2人が何故泣き叫んでいたのか理由を聞くと、彼らは犯罪に巻き込まれたわけでも、喧嘩したわけでもなく、テレビで悲しいニュースばかり観ていたら、胸がいっぱいになり2人で泣き出してしまい、それが止まらなくなってしまったそうです。

2人は結婚して70年になるけれど、長い間誰も訪ねてくる人もなくとても寂しかったそうです。どうやら、テレビでの悲しいニュースがきっかけとなり、そんな2人の寂しさが爆発してしまったようです。

夫婦をリラックスさせるために警察官がスパゲッティを

夫婦が泣き叫んでいた理由は判りました。しかし、念のために夫婦の健康チェックをしておこうと警察官は救急車を手配しました。

救急車の到着を待っている間に、夫婦に少しでもリラックスしてほしくて、警察官は、夫婦のキッチンを借りてスパゲッティを作りました。それは、パルメザンチーズとバターのスパゲッティでした。

出典 https://www.facebook.com

リラックスさせようと警察官がスパゲッティを作りました。

このシーズン珍しいことではない

この時期、このような出来事はけして珍しくないそうです。

イタリアはサマーバカンスシーズンで街から人がいなくなり、残っている人たちは寂しくなって号泣する人も出てくるそうです。それを訊いた人は州警察に通報するというのです。

この時の警察官の仕事は、寂しくて泣いていた2人を慰めることでした。

夫婦2人は、警察官たちの優しさに触れ、温かいスパゲッティを食べながら話すことで、だんだん元気を取り戻していったそうです。

出典 https://www.facebook.com

警察官の心を込めて作られた温かいスパゲッティを食べて元気になった2人

心温まる話と話題に

このお話は、ローマ警察のフェイスブックで公開されました。すると7.5万人のイイね!がつき、約2万7千件のシェアがされ、「いいお話しですね」「この夫婦にお手紙を書きたいわ」「ブラボー」など7,700件以上の称賛と温かいコメントが入りました。

また、このお話は心温まると世界各国でニュースとなり話題になりました。

最後に

警察、特に海外の警察官は怖いイメージがありますが、こんな優しい人たちもいらっしゃるのですね。ご夫婦をリラックスさせるためにスパゲッティを作ってくれる警察官なんて、本当に素敵です!
このご夫婦が泣いてしまったのもわかるくらい、今の世の中は悲しいニュースが絶えません。そんな中でのこのような心温まるニュースは、嬉しい限りです。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス