記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
気温が上がり湿度も高くなってくるこの時期、疲れきって食欲もなく、日中も何もしたくない…という夏バテに陥りやすいですね。

今回は夏バテ対策について、医師に詳しい話を聞いてみました。

夏バテってどうなることを指すの?

夏の暑さの中、人間は体温を一定に保とうと、頻繁に汗をかいたり血管を広げたりして、体に負担をかけることになるため、『自律神経のバランス』が乱れて様々な症状が現れます。これを夏バテと呼んでいます。

エアコンが普及する前は、夏の高温によって食欲や体力がなくなってしまう夏バテの症状が多かったのですが、近年では状況が変わり、ほとんどの建物や乗り物の中は、エアコンによって外気温よりもずっと低い温度に保たれるようになりました。
そのため現代の夏バテは、建物の内外の温度差によって、体の体温調節機能にストレスがかかり、睡眠不足や冷えなどの症状も多くなっています。

夏バテの典型的な症状とは?

夏バテの時に起こる典型的な症状としては、

・全身の強い疲労感
・集中力や思考力の低下
・食欲がなくなる
・便通に異常をきたす

といったことが挙げられます。

【夏バテ対策その1】身体の調子を整える

暑い時期の悩み、夏バテをできるだけ防ぐための工夫をしましょう。
一つにはまず、自分の身体のベースの状態をよくしておくことが大切です。具体的には、

・しっかり休養をとること
・食事の栄養バランスに気を配って体力をつけておくこと

特にたんぱく質やビタミン類は不足すると夏バテを招きやすいので注意しましょう。

また、どうしても汗をかきやすいですから、水分補給はこまめに、かつ十分行っておくことも必要です。
水だけでなく、ミネラルも不足しやすいので、そちらも意識して補給しましょう。
ただ、スポーツ飲料などには思いがけないほど多くの糖分が入っていますから、糖分の取りすぎには十分な注意が必要です。

【夏バテ対策その2】身体の内外から「冷え」を防ぐ

・温度設定や羽織ものでエアコンの冷えから身体を守る
・冷たい食べ物や飲み物は控えめにする

現代ならではの注意点として、エアコンの効きすぎによる冷えに注意する必要があります。
できれば、室温を外気と5度以内くらいの差にとどめる設定にすることが望ましいです。

また、オフィスや公共の建物などで自分で温度が調節できない場合には、エアコンの風が直接当たる席を避けたり、一枚羽織るものを用意し、体の冷えを防ぎましょう。

また、どうしても夏になると氷の入った飲み物や、アイスクリーム、かき氷などがほしくなりますが、これも冷えからくる夏バテの原因となります。できるだけ室温、あるいは温めた飲み物や食べ物を摂るようにしましょう。

【夏バテ対策その3】自律神経のバランスを整える

すでに夏バテのような状態かな? と思われる方は、自律神経のバランスを整えるために有効な方法として、
・適度な運動をすること
・十分な睡眠をとること
が挙げられます。

夏に向く全身運動として、水泳はとても好ましいです。
部屋を快適にするためにアロマを利用するなどして、快眠を目指すのもよい方法ですね。

≪あなたの自律神経は正常に動いている??≫
夏バテと関係性のある自律神経、あなたの【自律神経乱れ度】を診断!

医師からのアドバイス

夏バテには個人差もありますが、年齢やその年の気候によっても状況は変わります。自分の体力を過信して「昨年大丈夫だったのに…」と思う方もいらっしゃるでしょう。

基礎体力をつけることは、一年を通して健康で過ごせることにもつながります。暴飲暴食や夜更かしなどの不摂生をしないようにし、無理のない運動で、体力作りをしていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス