乾杯をする時には、ビールやワイン、シャンパンなどが主流になっている世の中で、乾杯しようと出されたものが牛乳だったら...あなたならどうしますか?日本には"牛乳で乾杯しよう"と条例で定められている町が存在するんです。

北海道の美味しい牛乳

北海道中標津町議会にて乾杯条例「牛乳消費拡大応援条例」という驚きの条例が可決し、成立されました。

どうして牛乳?と思う方も多くいらっしゃると思うので、さっそく北海道中標津町についてチェックしてみましょう。

北海道中標津町とは?

23,907人の人々が住む北海道東部に位置する中標津町は、酪農のまち"なかしべつ"ともいわれ、中標津町の生乳は、品質もよく酪農が盛んな北海道の中でもトップクラス

そんな中標津町から"牛乳で乾杯しよう"という条例が決まり、人々の反応は?

祖父母が住んでいるが、牛乳で乾杯は…無い。一部の家だけだと思う。こういうのやめて欲しいよ…。

出典 https://twitter.com

町民以外の方が、中標津町へ来て乾杯で牛乳を出されたら大概の人はビックリしちゃいますね。

そうなんです、日本ではちょっと変わった条例がある場所も結構存在するのはご存知です。

各地に広まる変わった条例

●はじまりの乾杯条例

2013年1月に施行された酒処京都府「京都市清酒の普及の促進に関する条例」。日本酒で乾杯しようというもの。罰則や拘束力はなく、日本の伝統文化である日本酒を広めようということで決まり、それを皮切りに各地で「乾杯条例」なるものが可決しだしたのです。

●広がる乾杯条例

・鹿児島県いちき串木野市「本格焼酎による乾杯を推進する条例」
・宮崎県日南市「地元本格焼酎による乾杯を推進する条例」
・北海道富良野市「まずはふらのワインで乾杯条例」
・愛知県常滑市「常滑焼の器に注いだ地酒による乾杯を推進する条例」
・佐賀県有田町「有田焼の酒器による乾杯を促進する条例」
・和歌山県田辺市「紀州梅酒による乾杯及び梅干しの普及に関する条例」

主に地酒を広めるために条例として定めるものが多く存在しています。

日本酒や地酒で乾杯ならアルコールですし、受け入れやすいもの。そして、福岡県うきは市「お開きは、うきはの茶で乾杯条例」など、閉めをお茶でというのもなるほどと言ったところですね。

地元を愛する乾杯条例

国内旅行へ行く際は、その土地の乾杯条例をチェックして、各地の乾杯条例を楽しむひとときもよい思い出になりそうですね。

この記事を書いたユーザー

White.S このユーザーの他の記事を見る

季節やイベント毎に、リビングのインテリアを飾ることを楽しんでいる今日この頃。リーズナブルに見えないおしゃれなものを見ると嬉しくて記事も執筆しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • おでかけ
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • ゲーム
  • 美容、健康
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス