今回は数あるパーマの種類から、水パーマという種類についてご紹介します。

▷水パーマとは…

”スチーム(蒸気)の力を利用するパーマ”のことです。

パーマをかける際に必要な膨潤作用を、スチームが促進してくれるため、

従来パーマ→薬の力のみで膨潤を行うため、薬剤を強めに、放置時間がかかる
水パーマ→スチームの力を利用することで、薬剤を弱めにしても比較的短時間で効果的なパーマをかけることが可能

そのため、髪への負担を軽減することが出来るようになったのです。

▷画期的な新技術

パーマは髪の毛の中心にパーマ剤が浸透して、カールやストレートのクセをつけることが出来ます。
しかしキューティクルに覆われた状態ではパーマ剤が浸透できないので、通常のパーマはまず、キューティクルを開かせるためのアルカリ剤を塗布します。
対して、水パーマは蒸気でキューティクルの隙間を広げ、アルカリ剤と同じ働きをしてくれます。

アルカリ剤が髪に残留すると髪のたんぱく質が分解されて流出し、ダメージがヒドくなりますが、水パーマはそんなダメージの原因となるアルカリ剤を使わなくて済むのです。

▷水パーマのメリット

スチームを使ってパーマ剤の浸透を促すので保湿効果があり、前処理のトリートメント効果が高まったり、パーマにかかる時間を短縮することが出来ます。
トリートメント成分が髪の芯まで行き渡るので、ダメージヘアの内部に栄養を補うことができ、弱いパーマ剤でも効果的なパーマをかけられます。

▷デジタルパーマと水パーマの違い

デジタルパーマ→熱の力を利用してかけるパーマ
水パーマ→スチームの力を利用してかけるパーマ

<質感>

デジタルパーマ<水パーマ

仕上がりの質感は、デジタルパーマよりもやわらかな印象に仕上げることが可能です。
かっちりした強めのカールではなく、弾力のあるもちっとしたカールに仕上がるのが特徴です。

<持続性>

水パーマ<デジタルパーマ

水パーマの持続性は普通のパーマとほとんど同じぐらいですが、デジタルパーマよりは劣ります。

<価格>

水パーマ<デジタルパーマ

お店により多少異なりますが、デジタルパーマより安い傾向にあります。

▷お手入れ方法

ドライヤーで髪を乾かす際には、パーマ専用のフォームやミストなどのスタイリング剤をつけ、指にクルクルと髪を巻きつけカールをつけながらブローします。

いかがでしたか?

これからパーマをかけようか悩んでいる人は、是非参考にしてみて下さいね♡

この記事を書いたユーザー

YUKARI426 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • グルメ
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら