いよいよ始まったリオ五輪

出典 http://www.sankei.com

日本時間の5日午前8時、南米発の開催となるリオデジャネイロ五輪がついに開幕し、その開会式が開かれました。各国の選手団が順番に登場。それぞれの国の文化を象徴するような衣裳で入場し会場を沸かせました。

日本は104番目に入場。陸上男子10種競技の右代啓祐選手が旗手を務め堂々と入場されましたが、Twitterを中心としたSNSにはこんな声が…。

▽日本人も民族衣装で入場すればいいのに

Licensed by gettyimages ®

この様に、せっかく世界の国々が集まる場所なんだから、日本人も和服などの民族衣装に見を包めばいいのに…。というご意見が多く見られました。

また、こんな意見も。

▽もっとノリノリで入場してもいいんだよ?

Licensed by gettyimages ®

このように、「他国に比べるとやっぱり日本人は大人しすぎじゃない?」という意見も多いもよう。確かにああいったオフィシャルな場所で日本人が陽気にはっちゃける事って少ない印象です。

■そんな中、この声を聞いたあるユーザーの投稿が話題に

「日本も民族衣装を着ればいいのに…」
「もっと陽気に騒げばいいのに…」

といった声を受けて、じゃあこうすれば解決!?といった案を投稿されたのは、Twitterユーザーの「n」さん。

その思わず納得してしまいそうな意見とは…

その答えは「マツケンサンバ」!?

出典 https://www.amazon.co.jp

なるほど、確かに郷に従いサンバだし、和服だし、ノリノリです。

ちなみに、マツケンサンバとはその名の通り、暴れん坊将軍でもお馴染みの松平健さんが歌い踊るサンバ風のダンスソング。元々は松平さんの歌謡ショーで歌われていましたが、いわゆる「マツケンサンバII」として作られた楽曲がじわじわと話題になり、大ヒットにつながりました。

■これには多くの反響が

なるほど!(笑)

Licensed by gettyimages ®

思わず納得。

確かに笑えますね。

流石にズラはやり過ぎですけどね(笑)

まさか!?

まあ、郷に入っては郷に従えでいえば、今回はブラジルなのでサンバで正解!

確かに「和装+ノリノリ」といえばマツケンサンバを思い浮かべる方が多いかも。

もちろんみなさん本気でマツケンサンバを推しているわけではないでしょうが、確かにヒントはありそうですね。

■一方、今のままでも「日本らしくていい」という意見も

実際の入場の様子

出典 http://www.sankei.com

真ん中に猫ひろしさんがいらっしゃいますね。

日本だけが開催国の旗も持っている

確かにブラジルの国旗も持って入場されていますね。

こういう部分こそ誇るべき

ほんとですね。こういうメンタルの部分が日本人として誇るべき部分かもしれません。

色々な意見がありますが、個人的にはこれはこれで日本らしくていい気がします。何も無理やり外に合わせる必要は無いですからね。

とにもかくにも、何もオリンピックのメインは開会式などではなく各競技です。日本選手団の皆さんが持てる力を発揮できるよう応援していきましょう!

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス