「部屋の模様替えをしたい」、「家具を動かして掃除をしたい」と思っても、家具の移動は1人ではなかなか大変です。

仮に家具を移動できても、フローリングや畳の上をひきずってしまっては、傷も気になりますよね。

そんな時に家具を楽に動かせるグッズがあるのをご存知でしょうか?

これがあれば、重たい本棚やベッドなども、簡単に1人で動かせますよ!

■重たい家具を「1人」で動かせる!

使うのは、ホームセンターや100円ショップで販売されている、家具の「スベリ材」です。

これを動かしたい家具の下に敷くだけで、フローリングはもちろん、カーペットや畳などでも、1人でも家具の移動ができるようになります。

動かしたい家具をほんの少しだけ浮かせ、この「スベリ材」を咬ませましょう。あらかじめ家具購入時に貼っておくのも良いですね。

粘着タイプやシートタイプ、はめ込みタイプ、置くだけのタイプなど、さまざま。

粘着タイプなどは、脚の底についているゴミや油分を取ってから貼らないと、すぐ剥がれてしまうので気をつけてください。

シートタイプは貼る場所の大きさに合わせてハサミで自由にカットができて便利ですよ。

このスベリ材そのものの底にゴミがついてしまうと、そのゴミで床を傷つけてしまう場合があるので、床のお掃除も忘れずに。

脚立や踏み台など、転倒すると危険なものには使用してはいけません。

■すき間家具の「キャスター代わり」にも使える!

「スベリ材」は、ちょっとアイディアをひねれば、色々な場所で使えます。

例えば、畳やベッドの下など、キャスターを使いたいけど使えないところ

キャスターを使うと畳は傷がついてしまうし、ベッド下はキャスターの高さが無駄になってしまいますよね。

スベリ材はネジ留めも必要なく、粘着テープで貼れるので簡単です(100円ショップのものは置くだけで粘着がついていないかったので、両面テープで貼りつけました)。

我が家では、脚付きソファ下のスペースに、箱を使って子どものおもちゃ収納を作りました。

スベリ材は厚みが薄いので、すき間の有効利用もしやすく、箱が重くなってもスベリ材で引き出すのもラクラクです。

スノコを活用して、押し入れ収納やすき間家具を作ってもいいですね。



模様替えをしたいこの時期には、ぜひ知っておくと便利な「スベリ材」。

傷付き防止材やスベリ止め材も似たようなものがあるので、購入時にパッケージをよくみて間違わないようにしてくださいね。

■ホームセンターっておもしろい!

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス