記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
燦々と照らす太陽と、あがっていく気温は人を夏の体調不良、いわゆる「夏バテ」を引き起こしがちです。
昨今では「夏ストレス」なんて症状も出てきているそうで、疲労でふらふらになってしまうそうです。

そんな「夏バテ・夏ストレス」を対処し、快適な夏を過ごしたい!と思い、医師に詳しい話を聞いてみました。

医学的な観点から、「夏バテ」とはどのような症状ですか。

いわゆる「夏バテ」とは、夏の気温が高くなることによって、互いを調節しあうことによって体温を一定に保つ働きを持っている二つの自律神経、つまり交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまいます。

それにより、以下のような症状を引き起こします。

・疲労倦怠感
食欲低下
・物事に集中できなくなる
便秘
下痢
頭痛
めまい

本来は夏の暑さで体力を消耗したために、秋になってから様々な体調不良となって表れてきたものを指す言葉で、夏の盛りに起きる体調不良をいう言葉ではないということです。

「夏バテ」を引き起こす原因を教えてください。

夏バテを引き起こす原因は、前述のように自律神経のアンバランスによるものです。
人間の体は恒常性といって体温などをできるだけ一定に保とうとする働きがあります。暑いときに汗をかいて熱を放出しようとしたり、寒い時に体が震えることによって熱を産生しようとする、といったこともこの働きの一部です。

日本の夏のように、温度も湿度も高い環境下では、この恒常性を保つために非常に大きなエネルギーを消耗します。
また、夏はある程度の期間続きますから、負担もかかり続けることになり、だんだん疲弊して高温多湿で体内に熱がたまっても放出しにくくなります。

他にもこの時期におこりやすい不眠や食事のバランスの悪化も、夏バテを引き起こす原因の一つとなりえ、エアコンのきいた室内と屋外の温度差も自律神経のアンバランスにつながることがあります。

夏季に起きやすいストレスによって、引き起こる症状はありますか。

夏場はどうしても心が開放的になり、一日の予定を詰め込みすぎたり、レジャーなどでも体力的に大変なスケジュールを組んでしまいがちです。
そのため、知らず知らずのうちに気持ちの面でも疲弊してしまい、これが夏ストレスの症状につながるものと考えられます。

症状として、物事がおっくうになったり、好きなことでも疲労感があって以前ほど楽しめないと感じたりといったことが挙げられます。

夏ストレスに対して、症状に対して有効な対策・解消方法を教えてください。

必要な休息は取れるときにしっかりとるということ、また体を作るもとであり様々な機能をサポートする食事の栄養バランスに気を配るということです。

また、夏バテに関しては冷房のかけすぎに注意したり、夏ストレスに関しては予定は余裕をもって入れるようにし、夜間の外出や一日中ビーチ、といった予定は連続でなく、あいだに休みを十分取りながら入れていきましょう。

≪どうしてもやる気が出ない日はありませんか?≫
疲労が溜まっていると夏バテにもなりやすい!?【疲労蓄積度】チェック!

医師からのアドバイス

夏バテ・夏ストレスは、起きてしまうとせっかくアクティブに過ごしやすい夏、実りの秋をいまいちな体調や気分で過ごすことになってしまいます。

ちょっと疲れたかな、と思ったらすぐに休息をとって予防するようにしたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス