お肌の調子も悪いし、髪もボサボサで今日はちょっとひどい外見だと感じる日に限って大切な誰かにばったり会ってしまうこともありますよね。

そこで、自分を美しいと感じる7つの秘訣をこっそり公開させていただきます。

美しいというのはただ外見だけ?

確かに芸能界やモデル世界では一般の人に比べて綺麗な人が多いですが、彼女達にも外見だけで今日はいつもと違うと感じることはあるみたいです。


【Beauty is in the eye of the beholder】の諺に注目

【Beauty is in the eye of the beholderの訳は、美は見る人の目の中にありです。つまり、美には数学のような正しい解答基準がなく、見る人が美しいと感じれば美しいということです。そのため外見でも美しく見えますが、心の状態も大切なのです。

自分を美しく感じる7つの秘訣

①一般的に言われている美の理想を外す

モデルさんのような体型で綺麗な人と比べてはいけません実現不可能なことを考えるとかえって自分自身を追い詰めることになります。精神的に追い詰められると、化粧品や洋服を必要以上に大量購入するなどの浪費傾向に。

②自分のチャーミングポイントを大切にする

誰にでもチャーミングポイントはあるはず。口にチャーミングポイントがある人は、それを武器にすることが大切です。外見が綺麗な人の場合でもどんな特徴の人なのかを記憶することになるからです。

③自分の弱点を受け入れる

正直に自分の弱点を見つけたら、それを受け入れることが大切です。例えば、足が太いという場合でも自分の弱点として受け入れることでそれを改善することになります。

④真の女友達を大切に

友達だからと言って貴方が不快に感じることでも何でも平気で言う人がいませんか?そのような人は真の友達とは言えません。勇気を持ってそのような人との友達付き合いをやめたほうがベターです。

⑤真の男友達を大切に

男友達の中で、彼の前で平気で貴方の外的特徴を指摘するような人もいませんか?そういう異性の友達との付き合いはやめましょう彼も不快な感じを抱くかもしれませんよ。

⑥美しさは内面からも来る

体の内面から来る女性の優しさ、感度、知性はルックスと同じように重要です。体の動かし方やしゃべり方なども私たちのルックスに不可欠な要因でもあります。いくらルックスが美しくても態度が下品だと残念ながら本当の美しさを引き出すことは不可能です。

⑦自信を持ってコーデしてみて

コーデを他人の判断で決めるのはよくありません少々排他的でも自分に自信を持って自分の判断でコーデすることが大切です。もし、貴方のコーデが好きではない場合は、残念ながらそういう意見もあるということでしかありません。

是非7つの秘訣をもとに行動してみてはいかがでしょうか。きっと貴方も今日から美しい人になること間違いなしですね。

この記事を書いたユーザー

ピティーB このユーザーの他の記事を見る

伊在住のby.S公式ライターです。
お洒落な海外女子からインスプレーションを受けながらFashion&Food&lifestyleについて執筆しております。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら