ベルギーのピエール・クリフォールによる青い肌をしたキャラクターの『スマーフ』。日本では浸透しているとまでは言いませんが、絵本を持っていたりする人はいると思いますし、一度はその可愛らしいキャラクターを見た事があるはずです。

出典Harbour City

そのスマーフをテーマにしたイベントが尖沙咀(Tsim ShaTsui)にある香港ナンバーワン・ショッピングモールである海港城(Harbour City)で8月21日まで開催されています。

出典筆者撮影

正面入口からスマーフ全開で、35体のいろいろなポーズをしているフマーフがずらりと並べています。寝ているスマーフ、ようこそと客を迎え入れるスマーフ、食事をしているスマーフなど、見ているだけで楽しくなってきます。

出典筆者撮影

モールの中に入ると、スマーフのシーンを表したようなジオラマが大きなガラスケースの中に入っています。入口のスマーフは人気のエリアで大勢の親子連れが写真撮影に興じていましたが、ここはじっくりとスマーフを感じるところができます。 
ハイライトは、58年の歴史を誇るスマーフについて、作者が書いたイラストなどが展示されています。実はこれ、世界初の展示だそうです。また、どうやって実際にスマーフの物語を製作していったのかというのをビデオで説明してくれます。

出典筆者撮影

また、スマーフの描き方などを学んだり、マジックのショーが開かれる「サマースクール」も開催されています。
スマーフのグッズが売られているショップもあり、モールはスマーフ一色となりますので、スマーフ・ファンの人には見逃せないイベントになっています。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

この記事を書いたユーザー

nobu takeda このユーザーの他の記事を見る

メディア業界で約20年の経験を持つフリーランス・ジャーナリストです。政治経済からスポーツ、グルメ、エンタメまで広くカバー。香港との関わりは2001年から。10年前からライフスタイル・ブランドLiucia(www.liucia.com)を共同で立ち上げ、経営もしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス