チョークアートとは、特殊な塗料を塗った黒板に消えない絵や文字を描くもので、飲食店の店頭や店内に飾る商業ベースのアートとしてカフェやレストランのメニューボード等に使われる看板アートの手法。 現在はポートレート、ウエルカムボード、インテリアなど様々な分野にも持ち込まれ広く認知されている。素材や色使いの工夫により、ポップな印象と高い明度の作品が多く、独特の存在感を持つアートである。
チョークアートの発祥は、イギリスのパブ看板といわれている。 イギリスからの移民と共にオーストラリアに渡り、オーストラリアの看板職人によって、よりカラフルでアーティスティックな現在の形となった。元々はチョークで描かれていたものだが、耐久性や色のニーズによって、徐々にオイルパステルで描くことが主流となる。現在では画材の種類に関わらず、黒板に描くアートは全てチョークアートと呼ばれている。

出典 https://ja.wikipedia.org

日本でもレストランなどで飾ってあるチョークアート看板。町中で必ずといってありますが最近接骨院の玄関先に飾ってあったりとポピュラーなものになってきました

カラフルでグラデーションが鮮やかでどこか温かみがあります
印刷したものでなくすべて手作業で描く側も楽しめ、見る側も楽しめるアート

学校の黒板では緑色なのに「黒板」というのが不思議でたまりませんでした

1874年~1876年、国産初の黒板が製造される。当時の黒板は、簡易的なものとして墨汁を塗った上に柿渋を上塗りしたもの、あるいは硫酸鉄と煎液を混合して塗ったものだった。大正初期、それまで黒板は仏壇屋や漆工芸屋などが作っていたが、このころ黒板専業メーカーが出現し、その技術の高さから朝鮮や満州など海外にも多く知られるようになった。
太平洋戦争前後、黒板の命ともいえる輸入品の漆が入手困難となり、黒板メーカーが材料調達に苦労した。

出典 https://ja.wikipedia.org

最初は黒色でした

ネットでキットも販売されていますので子供さんとお休みの日にゆっくりご家庭で楽しむことができます

意外と簡単

出典自身で撮影

出典自身で撮影

出典自身で撮影

出典自身で撮影

グラデーションは必ず入れ
指先でぼかしを入れます

白のチョークのみでも素敵なものができます

場所もあまりとらずこの夏のいい思い出など描いてもいいですね

この記事を書いたユーザー

まりんちゅ このユーザーの他の記事を見る

趣味は、ホットヨガ、エアロビ
毎日、ハッピー探しをしています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス