美味しいチョコレートを食べることを人生の楽しみの一つにしている方はいませんか?筆者も何を隠そう人生の楽しみにしている一人です。暑い夏にも溶けないように冷蔵庫に入れて時々チョコレートを堪能しています。

そして、なんと、SNSで、カカオ70%以上のチョコレートダイエットについての話題が沸騰中です。

カカオ70%以上のチョコレートでのダイエットが話題

チョコレートは、太りやすいためダイエットの敵みたいなことをどこかで読んだり、聞いたりすることもありますよね。そのため、ダイエット中の方は、食品カテゴリーから外されているかもしれません。

実はチョコレートの成分の効能により、ダイエットできてしまうようです。

基本は、カカオ70%以上のもので1日50gまで

確かにチョコレートでもカカオ70%以上のものではないと効果がないようですね。

血糖値が上がって満腹感を感じれば食べる量も減りそう。

カカオ70%以上のチョコレートで量は板チョコの3分の1。さらに、便秘や肌荒れ防止など体に良い効果もあるなら一石二鳥ですね。

やはり1日の食べる量も50gまでというのも大切そう。

一度に全部食べずに数回に分けて食べるのも必要なんですね。

チョコレートの成分と主な効能

一般的なチョコレートは、ココアバターを加えたカカオマスに、砂糖、ミルクなどを加えて作られています。そして、カカオマスには約10%の植物繊維が含まれています。

カカオマス(cocoa mass、まれにcacaomas)とは、カカオ豆の胚乳を発酵、乾燥、焙煎、磨砕したもの。外皮と胚芽は工程中で除去され、冷却・固化したものをカカオマスと呼ぶ。主にココアパウダー、チョコレートの原料として利用される。

出典 https://ja.wikipedia.org

①テオブロミン - 満腹感を軽減するためダイエットに有効

チョコレートに含まれるテオブロミンの有効により、利尿作用や興奮作用により筋肉刺激を増加し血管を拡張し、圧力を低下させ、血液中のコレステロール値を下げます。そのため、空腹感を軽減することが可能になります

テオブロミン (theobromine) は、カカオに含まれるアルカロイドの一種。自然界ではほぼカカオのみに含まれ、チョコレートやココアの苦味成分である。チョコレートには0.5-2.7%のテオブロミンが含まれる。

出典 https://ja.wikipedia.org

チョコレートの質量あたりの熱量が大きく携行が容易。カロリーの面だけでなく、非常の際に甘味やテオブロミンが心身の安らぎをもたらすという意味合いも大きい。テオブロミンの含有量はカカオ分99%のチョコレート100gあたり1100mg。

出典 https://ja.wikipedia.org

②食物繊維 - 便秘や肥満予防に

食物繊維は、腸を刺激し便秘解消になることは周知の事実かもしれません。そのため腸内環境も整い、肥満予防にもなりダイエットに適しています。

食物繊維(しょくもつせんい)とは、人の消化酵素によって消化されない、食物に含まれている難消化性成分の総称。その多くは植物性、藻類性、菌類性食物の細胞壁を構成する成分で、化学的には炭水化物のうちの多糖類であることが多い。

食物繊維の効用として、脂質異常症予防、便秘予防肥満予防、糖尿病予防、脂質代謝を調節して動脈硬化の予防、大腸癌の予防、その他腸内細菌によるビタミンB群の合成、食品中の毒性物質の排除促進等が確認された。

出典 https://ja.wikipedia.org

③ポリフェノール - エンドルフィンの分泌を促進

チョコレートには、エンドルフィンの分泌を促進するポリフェノールが含まれているため、幸せホルモンとも言われているエンドルフィンの分泌が増えることで、物理的な快楽を求め、コミュニケーションも増え、相手との良い関係を作ることに繋がります。

エンドルフィン(endorphin)は、脳内で機能する神経伝達物質のひとつ。内在性オピオイドであり、モルヒネ同様の作用を示す。特に、脳内の「報酬系」に多く分布。内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられ、脳内麻薬と呼ばれることもある。

マラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用「ランナーズハイ」は、エンドルフィンの分泌によるものとの説があり、二人以上で走ると効果が高い。また、性行為をすると、β-エンドルフィンが分泌される。β-エンドルフィンには鎮痛作用がある。

出典 https://ja.wikipedia.org

ポリフェノール(polyphenol)は、ポリ(たくさんの)フェノールという意味で、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基(ベンゼン環、ナフタレン環などの芳香環に結合したヒドロキシ基)を持つ植物成分の総称。

1992年、フランスのボルドー大学の科学者セルジュ・レヌーが、赤ワインに豊富に含まれる「ポリフェノール」を摂取すると、動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用が向上すると発表した。

出典 https://ja.wikipedia.org

カカオポリフェノールは、チョコレート・ココアの原料であるカカオ豆に含まれるポリフェノールのこと。
カカオポリフェノールは、エピカテキンをメインとするいくつかの化合物の混合物です。これらはフラバノールともよばれます。

出典 http://www.chocolate-cocoa.com

実際に体重が減っているという声も

Licensed by gettyimages ®

やはり、チョコレートダイエットの効果でしょうか。

産後は太りやすいですが、体重が産前に戻ったのはすごい。

いかがでしたか。ダイエット効果だけではなく幸せホルモンの分泌も促進するようですよ。気になる方は是非実践してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

ピティーB このユーザーの他の記事を見る

伊在住のby.S公式ライターです。
お洒落な海外女子からインスプレーションを受けながらFashion&Food&lifestyleについて執筆しております。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ファッション

権利侵害申告はこちら