強い日射しからお肌を守る日傘!

今の季節、日傘が手放せない人が多いと思います。
これから新しい日傘を買おうと思ってる人にも必見!

いざ、日傘売り場へ行ってみると種類がたくさんあって迷ってしまいます。

効果的な日傘選びについてご紹介します。

やっぱり定番は黒!!

日傘と言うと黒いイメージがあります。

UVカットには黒が最適です。
しかし、暑い日に黒い傘は、見た目にも重苦しく見えてしまいます。

日傘でもおしゃれをしたいなら、黒は避けた方が良さそうです。

え!白い日傘にこんな弱点が!!

黒と同じくらいよく見かけるのが、白い日傘です。
見た目も爽やかでおしゃれです。

しかし、かなり困った弱点があるのです。

白い日傘の内側部分によって、アスファルトの照り返しが起きお肌にダメージがあります!

この事実を知らない人が多いと思います。
あくまで、日傘の内側の話です。
外側が白いことは問題ありません。

せっかく荷物になるにも関わらず日傘を持って歩いていても、逆効果になっているのです。

日傘を選ぶ時は、内側の色をチェックしましょう。

NGな日傘のデザインは?

おしゃれなデザインの日傘も豊富にあります。

ただ日傘としての機能性を重視するなら、穴が空いていたり、レースの日傘はNGです。

紫外線を通してしまうからです。

日傘の色で与える印象は?

先程、黒は暑苦しいと書きましたが色によって印象がだいぶ違います。

■白、水色
→可愛らしい印象
■赤、オレンジ
→元気な印象

色だけでこんなにも印象が変わるんですね。

ベストな日傘でお肌を守ろう!!

まず、日傘を選ぶ時は内側の色をチェック!
白はNGです。
色が濃いものがベストです。
内側だけなら黒も効果的。

そして、日傘を買う前に必ず「UVカット率」を確認しましょう!
カット率が高い方が日傘の効果があります。

暑い日射しから大切なお肌を守りましょう。

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら