記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「尖圭(せんけい)コンジローマ」は男女ともに起こりうる、身近な性感染症のひとつです。
感染すると性器にイボが発生する、身の毛もよだつような恐ろしい症状があらわれます。

今回は「尖圭コンジローマ」について医師に詳しく聞いてみました。

「尖圭コンジローマ」について教えてください

ヒトパピローマウイルス(HPV)によって起こる性感染症のひとつで、良性のイボが特徴的です。

ちなみに、悪性のタイプのヒトパピローマウイルスの一部は、子宮頸がんの原因になります。

「尖圭コンジローマ」はどのような経路で人体へ感染しますか?

主に性行為によって、ウイルスが性器に感染することで発症します。オーラルセックスで口の中に感染することもあります。

そのほか、性行為でなくても皮膚や粘膜の傷口に接触することで感染したり、母親が感染していると出産時に子供に感染することもあります。

感染した場合、どのような症状が出ますか?

コンジローマに感染すると性器に、うすピンク色や茶色の、カリフラワー状(ニワトリのトサカ状)やおわんを伏せた形のイボができます。

以下の通り、男性、女性それぞれ発生箇所は違います。

【男性の発生箇所】
・陰茎
・亀頭
・陰のう
・包皮の内側

【女性の発生箇所】
・大小陰唇
・腟前庭
・腟
・子宮頸部

男女ともに自覚症状はほとんどありませんが、男性の場合は軽い痛みやかゆみを感じたり、女性の場合はおりものが増えたりする場合もあります。

医療機関に行くべき目安、治療方法を教えてください

【医療機関に行く目安】
男女ともに、性器にイボができたり、性器の痛みかゆみが出てきたりする場合には、皮膚科、性病科、婦人科、泌尿器科などの医療機関を受診しましょう。

医療機関では、まず視診を行ったのち、ウイルス感染細胞を綿棒で採取し、確定診断を行います。

【治療方法】
・メス・レーザーでの焼却法
・液体窒素での凍結療法

上記方法でイボを切除します。また、抗ウイルス薬の軟膏を塗布する方法もあります。しかし、病変が進行すると、治療に難渋することがあります。

ウイルスの感染から発症までには、数週間〜3カ月程度かかるので、治療を終了しても、最低3カ月は厳重な経過観察が必要です。

パートナーも共に専門医を受診し、症状があれば、必ず治療をしましょう。

≪性感染症の検査をしたことはありますか?≫
近年、増加傾向にある【性感染症】あなたは大丈夫?

最後に医師からアドバイス

接触により感染するヒトパピローマウイルスの感染予防には、コンドームの使用が効果的です。
ただし広い範囲に症状が出ている場合には、コンドームの使用だけでは不十分なことがあります。

尖圭コンジローマは、性感染症のひとつであり、知らないうちに感染している可能性があります。

もし気になる症状がある場合には、パートナーと共に、早めに医療機関を受診しましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス