日本人が魚を食べなくなってきていると言う。食の欧米化・肉食化なのか? 確かに、スーパーや小売店における、魚の売り上げは落ちている。食卓に魚が並ばなくなったのも事実。

肉食が増えているのも一因だが、「魚は調理が面倒」と考える人が多くなっていることが最大の理由のようだ。たとえ、切り身を焼くだけでも面倒だと考える。

ガステーブルのグリルを使うと、後の掃除が非常に手間である。フライパンで焼くとしても、部屋中に臭いがこもる上、フライパンについた臭いが長期間取れない。

密閉された現代の住宅では、魚を調理したくないと思うのも仕方のないことかもしれない。

魚の調理を簡単にするために、「水を入れないでいいグリル(ガステーブル)」や電子レンジ・トースターで魚を焼くことができる「アルミを特殊加工したシート」なども開発されている。

だが、臭いを消すことはできないので、魚離れを止めることはできないだろう。

政府が、骨無し魚「ファストフィッシュ」を推奨しているが、問題の一面しか捉えていない。「骨があるから面倒だ」という理由で食べない人もいるが、骨の無い切り身で売られている魚はいくらでもある。骨無し魚を推奨することに、どれほどの効果があるかは疑問である。

問題は、家で調理しないことにある。

また、家で食べない、もう1つの理由があるが、家計を預かる主婦に聞くとわかる。

「魚は高い」。そう、価格の問題。小さな切り身1つが数百円もすれば、他の食材に変えてしまうだろう。給料が減っているいま、量の少ない食材にお金を掛けるわけにはいかない。それなら、肉にした方が家族も喜ぶ。

では、本当に魚を食べなくなったのかというと、そうではない。回転寿司は、ハンバーガーを抜く勢いで、成長し続けている。定食屋では、焼き魚・煮魚定食の注文が多い。産直の魚が旨い居酒屋も大盛況である。

すなわち、食べ方が変わっただけ。家ではあまり食べないが、外では結構食べている。決して、魚が嫌いになったわけではない。

どうすれば、魚の消費は伸びるのか。

家庭に魚を呼び戻すことは、もう無理だと考えるべき。調理されたものを買うことはあっても、魚に臭いと骨がある限り、家で調理されることは減り続けるだろう。

“魚はお店で食べるもの”と割り切り、外食消費を伸ばすしかない。特に回転寿司は、まだまだ伸びしろを持っている。

100円均一の大手チェーン店は、輸入で魚を仕入れるため、消費は伸びるが、日本の漁業にとってはプラスとならない。国産にこだわっている、高級回転寿司に期待したい。

100円均一に物足りなさを感じ始めた人が、高級回転寿司に流れている。舌は肥えていくもので、より質の高いもの、珍しいものを求めるようになる。

そうなると、鮮度や産地にこだわる人も増え、魚への興味も広がってくる。魚の本当の美味しさを知ることで、寿司以外の魚料理へ手を伸ばす人は、確実に増える。

すると、魚の旨い定食屋・居酒屋にも、もっと人が集まるようになる。

内食が増え、外食への支出が減ったとは言うが、より美味しいものを求める傾向は強くなっている。お腹を満たすだけの中途半端な外食を控えるようになったに過ぎない。

美味しい魚があれば、みんな出掛けて行くだろう。魚離れなど、すぐに解消される。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら