忙しくて残業ばかり。時には休日出勤。なかなか片づかない仕事。苦しい思いをしているわりに、給料は上がらない。

もし、それほど仕事が多くあるのなら、会社の業績は上がって、給料も上がっているはず。そうなっていないのは、どこかに問題があるから。

経営上の問題なら、一社員には口出しできないが、会社の運営システムに問題があるのなら、それを見つけ出して、提案することはできる。

そこで、問題を見つけ出す方法がある。

「働く時間を半分にする」

まずは、あなたの働く時間を減らしてみることだ。

「そんなのできるわけがない」と思うかもしれないが、人間のやることには、見えない無駄や余裕がたくさんあるものだ。

朝出社して、すぐに仕事を始められる人は、あまりいない。机の上を整えてみたり、昨日の整理をしたり、コーヒーを飲んでいたり。30分程度は、エンジンがかからないものである。

さぁ、始めようとすると、電話がかかり、手を止められる。メールへの対応にも、結構時間がかかる。そんなことをしていると、すぐに昼休み。その前に、午後の会議の準備もしなければならない。

何かというと、会議、会議の会社組織。どれほど時間を無駄にしていることか。結局、午後3時くらいからしか、仕事に集中できない。これでは、毎日残業になるのも当然のことである。

だが、退社後予定の入っている日は、どうだろう。家族や恋人の誕生日だったら……。

できる限りのスピードで、普段では考えられない集中力を発揮し、効率を考えながら、仕事を済ませようとしているのではないか。なのに、普段はできない。

それはどこかに、「急ぐと疲れる」「自分だけ頑張ったら、損をする」「残業すれば、残業代がつく」という、甘えた考えがあるのではないか。

一生、ダメサラリーマンで終わる気なのか。サラリーマンで終われるのなら、まだマシだが、いまの社会はそれほど甘くはない。認められなければ、先がない。

いま、仕事にかかっている時間を半分にできないだろうか。本当に必要なこと。しなくても問題のないこと。やり方を変えれば、早くなること。じっくり考えれば、必ずあるはず。

教えられた方法だから、習慣だから。そんな固定観念、既成概念に囚われてはいけない。集中して、半日で仕事が片づけば、後の半日は、創造性あることに活用できるのである。

時間に追われず、アイデア出しに注力できる。余裕は、創造力を活発にさせる。創造力こそ、会社が求めているもの。

アイデアを持った人材は、“できるやつ”という評価がつく。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス