大人気の100円ショップ「ダイソー」。

7万種あるというアイテムは、常に入れ替わり、新しいアイテムも登場。

そんな中から、あの耐熱ガラス容器で有名な「iwaki」そっくりの保存容器が発売されているのをご存知ですか?

見た目だけでなく、機能性も本格的なダイソーの保存容器の魅力をお伝えしたいと思います。

■オーブン、電子レンジ、食洗器全てOK!

ダイソーのガラス製保存容器は、電子レンジはもちろん、なんとオーブンや食器洗い乾燥機まで対応しています。

作り置きの常備菜の保存はもちろん、オーブンでも使えるのでグラタンやケーキ作りにも使えますよ。

食品の保存から温め、そしてそのまま食卓に出すまでこのひとつの容器で済むので、後片付けやサーブする手間が省け、家事の時短にも繋がります。

■選べる3種類のサイズ!

容器は3種類のサイズから、用途に合わせて選ぶことができます。

ちなみに一番小さいサイズが310ml、中くらいのサイズが500ml、1番大きなサイズが800mlとなっています。

筆者は家族5人分のおかずはまとめて大きなサイズへ、そしてご飯は1膳分ずつ小さいサイズの容器に入れて作り置きに活用しています。

■スッキリとした中身の見える美しいデザイン!

ガラス製なので、冷蔵庫の中でも中身が一目で確認できるのはもちろん、このようにスタッキングすることも可能です。

特に夏場は食品の傷みも早いので、せっかく作り置きしておいたおかずを無駄にしないためにも、中身がすぐにわかるガラス製の保存容器はお勧めです。

その他にも、もちろんガラス製なので食品の匂いがつきにくいというメリットもあります。

汚れも落としやすいので、保存容器としてだけではなくお弁当箱代わりにする使い方もお勧めです。


いかがでしたか?

最近は食材を無駄なく使い、また短時間で料理を仕上げるための作り置きのレシピが流行していますが、その料理を保存するための容器がダイソーで手に入るなんて驚きですよね。

耐熱ガラス容器は値段が高いイメージがありますが、これから気軽に揃えられます。
ぜひ今年の夏は、ダイソーのガラス容器で作り置き生活にチャレンジしてみてください。

この記事を書いたユーザー

Sumai[日刊住まい]編集部公式アカウント このユーザーの他の記事を見る

インテリアもリノベも家づくりも! 「日刊Sumai」(http://sumaiweb.jp/)は自分らしい暮らしが見つかる情報サイトです♡

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら