SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に参加している、20〜30代の男女を調査したところ、SNSと実生活では異なる人格を使い分けているという人が、41.6%もいる。

「意識的」25.3%、「無意識」16.3%。

本当の自分を隠して意見を言ったり、人と接することに、何の意味があるのだろうか。何が楽しいのだろうか。

参加していることを隠したいがために、別人格を使っている人もいると思うが、なってみたい自分を演じている人も多いのではないだろうか。

本当の自分ではないけれど、ネットの中でなら、理想とする姿でいられることに、喜びを見出しているのかもしれない。

別人格を演じることにもパワーが必要だと思うが、SNSへの参加にそれほどの価値があるのだろうか。現実逃避、暇つぶしに見えるのだが。

このパワーを自分の夢の実現に活かして欲しいものである。理想の姿を演じるのなら、もっと徹底的に、もっと突き詰めて、演じ切ってみてはどうだろう。

もし、インテリアデザイナーになりたいのであれば、なったつもりで情報発信するのである。ブログやメールマガジンを作って、読者に役立つ情報を流し続けるのである。

「最新インテリア事情」「色使いのポイント」など、プロが流しそうな情報を提供するのである。そのためには、情報収集や専門の勉強も必要となるので、自分を追い込むことができる。

ここで大切なのは、「自分はプロなんだ」と思い込むこと。プロとして、読者に語りかけること。これを繰り返しやることで、知識が増えるだけではなく、自信が生まれるものである。

ただし、図にのって仕事を受けてはいけない。勉強途中の素人では、依頼主を満足させることはできない。あくまで情報発信するだけに留めること。

その積み重ねが、やがてプロになるチャンスを引き寄せるのである。

SNSに時間を割くぐらいなら、ブログ・メールマガジンで、理想の自分を演じる方が、ずっと有意義なのではないだろうか。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら