ビジネスを成功させる秘訣。それは、「人を喜ばせる!」ことに尽きる。相手を思いやり、楽しいことを提案し、笑顔にしてあげること。そうすれば、喜んで対価を払ってもらえる。

どう売り込むかを考えるのではなく、どうすれば喜ばせることができるのかを第一に考えることが重要である。

その訓練方法をお教えしよう。

まず、あなたの身のまわりの人を思い浮かべて欲しい。誰でも構わない。最初は、大切な人、奥さま、旦那さま、彼女、彼氏がいいだろう。

その人を喜ばせるためのプレゼントを考えるのである。買い物をする場所は、100円ショップ。

その理由は、安くて楽しいモノを売っていることと、安くても喜ばれるようなアイデア・工夫をする訓練になるからである。

「100円のモノなんてダメだよ」という意識を捨てることが大切だ。100円のモノでも、喜んでもらえるように考えるのが、この訓練の目的である。

合計金額は、1000円。

10個買って、お店のビニール袋のまま渡すのか、それとも、200円分をパッケージやラッピングに使うのかは自由である。

相手がどう反応するのかを想像しながら、考えて欲しい。たった100円でも、お洒落なモノ、楽しいモノはたくさんある。食品を置いているお店もある。

たとえば、可愛いデザインの紙製の箱(100円)に、小さなぬいぐるみ、もしくは置き物をひとつ(100円)、ネイルケアの道具2点(200円)、マニキュア3点(300円)、封筒(100円)と便箋(100円)を入れ、リボンつきのギフトバッグ(100円)に入れて、若い女性にプレゼントすれば、中の封筒と便箋を使った、手紙が届くことになるだろう。

プレゼントする相手を替えて練習すれば、ビジネスターゲットを喜ばせる方法がわかるようになるはず。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら