Q.同僚が、会議を悪用して私を非難する言葉を口にします。感情をおさえる方法はありますか?

A.揺るがない自分で、相手の言葉をリフレームしましょう。


テレビを見ていて、おもしろいやりとりを目にしました。
野球評論家の張本勲さんが、サッカーの三浦知良選手(J2横浜FC)へ「(J2は)野球で言えば2軍のようなもの。もうお辞めなさい。若い選手に席を譲ってやらないと。しがみつく必要はないでしょ、これほどの選手なんだから。指導者に」と発言。

スポーツの世界で48歳(当時)ですから、現役引退をすすめる声は張本さんだけでなく、様々な方面から聞こえてくることでしょう。
ましてや一時代を築いた王者だった人です。ピークを過ぎたいま、いつまでも現役にこだわる必要はないのではと。

ふつうだったら、こういうことを言われたら「よけいなお世話だ」と、憮然とするところでしょう。ネットにも張本氏の発言を批判する書き込みがあふれました。

自分が一生懸命にやっていることを意味がないように言われたり、辞めろと言われたら誰だってイヤな気分になりますよね。私だったら、きっとへこみます。

ところが、これに対してキング・カズこと三浦さんはどう答えたか?

「『もっと活躍しろ』って言われているんだなと思う。
『これなら引退しなくていいって、オレに言わせてみろ』ってことだと思う。
(中略。張本さんに)憧れていた。そんな方に言われて光栄です。激励だと思って、これからもがんばります」

三浦さんは自分のポリシー「現役でいたい」ということを曲げていません。しかも張本さんを持ち上げ、ケンカや対立をしないで、自分のやりたいフィールド(現役)からできることを答えた、大人の対応でした。これでいいと思いませんか。

たぶん三浦さんはたくさんの人に引退をきかれて、良い返し方を磨いてきたのでしょう。なにより、自分のやりたいことを続けるために。

もしも誰かがあなたを非難してきたら。キング・カズを見習って、自分の思いをまっすぐ持ったまま、相手を否定しない感謝の言葉で返してみませんか。

▼自分への批判→(リフレーミング)→激励ととらえて、大人の対応

★少しでもお役に立ちましたら★「応援する」をポチッと!★励みになります!        
http://gooddo.jp/gd/group/mentalsupport/

この記事を書いたユーザー

百世安里 このユーザーの他の記事を見る

PTSDサバイバー(快復者)。いじめ被害を受け、裁判勝訴。チック・悪夢・フラッシュバック・・強いPTSD症状で不登校気味だった娘を快復へ導き、現在はシドニーのファッション専門校で学ぶまでにサポート。PTSD経験をもとに2009年より毎月、心のケアのグループワークを行う。(社)メンタルサポート・ジャパン 代表理事。娘だけでなく、家庭教師を担当したすべての子たちが一気に成績アップ、有名大学へ。個性を活かす子育て、人育てが得意。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 育児
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら