徳島県の端、人口100人ほどの小さな漁村。それが、美波町伊座利地区である。人口100人のうち、約6割が全国各地からの移住者だという。

どのようにして、人口を倍増させることに成功したのか。

過疎化・高齢化は、どこにでもある問題。だが、ほとんどの地域で、決め手となる対策を見出せないでいる。伊座利地区でも全国のそれと同じく、人口減少により、小中学校の児童が激減し、廃校の危機を迎えていた。

子どもは地域の宝。未来の夢。子どもなくして、地域は栄えない。そう実感した住民たちは、意を決して立ち上がった。合い言葉は、「学校の灯を消すな!」。

そのために必要なのは、若い世代の夫婦・子どもを持つ家族に移住してもらうこと。だが、いきなりの完全移住は難しいので、親子一緒の漁村留学生の受け入れを検討した。

まずは、行政に陳情・要望するが、良い返事をもらえなかった。行政が動いてくれないとなると、この手の話は頓挫するものだが、住民は諦めなかった。

自分たちで何とかするしかないと、地域の子どもからお年寄りまで、全住民で構成する「伊座利の未来を考える推進協議会」を結成した。

最初に取り組んだのは、まずは伊座利を知ってもらうこと。

現役の海女さんが、新鮮な魚料理を食べさせる「イザリCafe」のオープン。この地区は、定置網漁をはじめ、海女さんが獲る、あわびや伊勢エビが豊富である。これらは、充分に人を呼び込む資源となり得る。

これまでは獲るだけだったが、地元で食べさせることで、それが地域の魅力となる。観光に来て、見てもらうことが第一。そのための拠点となるのが、「イザリCafe」である。

次に考えたのは、この“地域を体験”してもらうこと。

「一日漁村留学体験」「海女の仕事体験」。“体験”はどこの土地でもやっているが、イベント的扱いに過ぎない。だが伊座利では、単なる遊びではなく、移住を前提にしたものを実施している。

そして、移住を考える際の大問題となる「仕事」に関して。生計が立てられなければ、移住はできない。そこで、移住者を漁師や海女として雇い入れている。「イザリCafe」でも同様。

基本的には、「すべて自己責任で生活できる方」という移住条件を出してはいるが、地元住民が親身になって、相談にのってくれる。人の繋がりを大切にしている地域なので、安心して移住できるのではないか。

これらのすべてを住民たちで行っている。行政の手を借りられなかったことが、かえって住民の“本気”を引き出したのではないか。「学校の灯を消すな!」という強い思いが、移住を考える人びとの心に響いたのではないか。

特に目新しいことをやっているわけではない。真剣に取り組んだことが、成功に繋がったのである。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら