ドイツのシャルケで、また日本代表としても活躍している内田篤人選手。しかし、彼が最後にピッチに立ったのは、2015年の3月です。その後2015年6月に右膝膝蓋の手術を受けましたが、2015~2016シーズンに彼がピッチに立つことはありませんでした。怪我が長引き、日本代表にもすっかり呼ばれなくなってしまった内田選手がまもなく復帰しそうです。

内田選手のサッカー人生

2007年に高校を卒業してすぐプロデビューした内田篤人選手。鹿島アントラーズに入団後、チームには欠かせない存在となり、活躍していました。そして、2008年にはプロデビュー2年目にして日本代表にも呼ばれています。そして、出場はできませんでしたが、南アフリカワールドカップの日本代表にも選ばれ、初めてのワールドカップを弱冠21歳で体感しました。この時のワールドカップでの経験から、内田選手はみるみる成長し、ブラジルワールドカップでは日本代表に欠かせない存在となりました。


怪我との戦い

内田選手は右膝に慢性的なケガを抱えていました。そのため、ブラジルワールドカップの時も実はかなり危険な状態でした。内田選手を悩ましている怪我は、膝蓋腱炎です。ジャンプをしたり、脚を限界まで使うサッカー選手にはとても多いケガです。サッカー選手にとっての職業病と言えるほどのケガだと言います。

内田選手は、南アフリカワールドカップ後にドイツリーグに移籍をし、強豪シャルケの一員として活躍していました。しかし、厳しい環境であるブンデスリーガを戦うだけではなく、チャンピオンズリーグがあったり、日本代表の試合があったりと、彼の体はかなりの疲れ切っていました。そして、内田選手は頻繁にケガを繰り返すようになってしまったという説があります。

実はヤバかったブラジルワールドカップ

2013~2014シーズンも、小さなケガを繰り返していた内田篤人選手。右脚の大腿筋を痛めながら、そのシーズンを終え、ブラジルワールドカップへ。本来戦えるコンディションではなかったそうですが、無理をしながらワールドカップのグループリーグ3試合を戦い抜きました。

ワールドカップを終え、シャルケに合流し、数試合をこなしていましたが、3月についに膝の爆弾が爆発しました。2015年の3月にピッチに立って以降、まだ内田選手は復帰できていません。

しかし、復帰はまもなく?

内田篤人選手は、8月末のブンデスリーガ開幕に向け、中国ツアーを行っていたチームに7月12日に合流しました。全体練習にはまだ参加できないと言いますが、少しずつウォームアップをしています。本人曰く、復帰は早くて2016年夏から秋にかけてとのこと。膝が曲がらなくなったあの日から、少しずつ復帰に向けて歩んでいる内田選手。「次膝ケガしたらもう動かなくなると自分では感じている」とインタビューで言っていましたが、そうならないように万全の状態で復帰してくれることを祈っています。

オマケ

昨年、小学校の頃の同級生と結婚した内田篤人選手。結婚生活も順調なようで、2人でよくサッカーの試合を見る時もあるとか。この前のEUROを見ていた時、奥さんが「私ベイルになりたい」と横になりながら内田選手につぶやいたそうです。「だって、ベイルめっちゃ気持ち良さそうだから」と言った時に、内田選手は爆笑したと言います。結婚生活も、復帰への道も順調に進んでいます!

一般ユーザーの声

この記事を書いたユーザー

PotSpot このユーザーの他の記事を見る

若者の「今から何する?」が見つかるウェブメディア!
モノクロな日常をカラフルな毎日に
http://pot-spot.jp/

得意ジャンル
  • 社会問題
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • インターネット
  • ライフハック
  • おでかけ
  • 暮らし
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス