肉食動物の頂点に立つ『ライオン』。
百獣の王として広く知られ、ジャングル大帝やライオンキングなどの作品にもなるように、彼らの気高さは他を寄せ付けない孤高の存在感があります。
まるで我々人間社会とは程遠い存在のように感じるライオン、ですが彼らは私たちにとってとても身近な共通点を持っています。
それが“猫”。

そう彼らは私たちが愛してやまないニャンコさんと同じ“猫科”の動物。

いやいやそんな、猫科と言ってもピンキリだから! とお思いかもしれませんが、決してそんなことはないのです。
今回、ご紹介するのは百獣の王と呼ばれるライオンは、実はただの大きなニャンコなのではないかということを突き止めた画像の数々。

どうぞ、ご覧ください。

ライオン=大きなニャンコ?(9枚)

出典 https://imgur.com

1.

彼らは仰向けになってゴロゴロすることが好きだ。それはちょうど家で飼う猫ちゃんと同じように。

出典 https://imgur.com

2.

猫ちゃんのモットーである「体にフィットするならば、そこは落ち着くに値する」は、ライオンも同様であることをこの画像は示している。

出典 https://imgur.com

3.

猫ちゃんと同様、目の前で動くものが大きかろうが小さかろうが、ライオンもそれを注視する。

出典 https://imgur.com

4.

これは猫ちゃん特有の“ベロのしまい忘れ”が起きている。

出典 https://imgur.com

5.

この姿勢、これは猫ちゃんが行う“ニャンコストレッチ”ではないか!

出典 https://imgur.com

6.

思い出してほしい、猫ちゃんってヤツラはたいていクリスマスツリーをなぎ倒すのが好きだということを。ライオンも、それは同じなのである。

出典 https://imgur.com

7.

とても真剣に自分の体をグルーミングするライオンの姿、そして表情。もはや彼らが大きいニャンコである、これは決定的証拠かもしれない。

出典 https://imgur.com

8.

もちろん、自分だけでなく、他者へのグルーミングも大好きだ。

出典 https://imgur.com

9.

最後に、抱き合って眠る彼らの姿。もはや大きなニャンコにしか見えない。

お分かりいただけただろうか?

これらの画像を見て、もう皆さんはライオンが動物界の頂点であり、孤高の肉食動物、百獣の王だとは思えないはず。
そう彼らは、ライオンは、ただちょっとサイズがオーバーめなだけのニャンコさんなのです!

もう何も恐れることはありません。
ほら、ペットショップで猫じゃらしを購入し、サファリパークのど真ん中でそれをフリフリしちゃいましょう。

そうすればきっと、通常サイズの猫ちゃんでは知り得なかった最高にエキゾチックでスペシャルな体験を得ることが出来るでしょう。

注:その行為について生じたいかなる結果に対しても、当方での責任は負いかねます。

この記事を書いたユーザー

PECO このユーザーの他の記事を見る

ペットとの毎日がもっと楽しくなる|PECO [ペコ]

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス