記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
最近、さまざまな障がいに関するシンボルマークが登場しています。
おなじみの車いすのマーク、マタニティーマーク以外にも、補助犬の同伴可能を示すマークなど、いろんな種類があります。

その中のひとつ「ヘルプマーク」をご存知でしょうか?今回は、このヘルプマークについて、医師に詳しい話を聞いてきました。

「ヘルプマーク」とはなんですか?

ヘルプマーク」とは、マタニティーマークが広く使われるようになったこともあり、外見からはわかりにくいけれど、手伝いや助けが必要な人に広く使っていただけるようにと、東京都が平成24年度に作成したものです。

これは、対象に妊婦さんも含まれます。デザインは、赤地に、白色の十字とハートのマーク、というものです。

ヘルプマークの配布や標示等は、現在まで都営地下鉄や都バスから、ほかのバスへと徐々に広がりつつあります。

どのようなかたがヘルプマークを持っていますか?

ヘルプマークは特定の病気に限定せず、援助や配慮が必要なことを、ほかのかたに伝える手段として作られました。

そのため、以下のようにヘルプマークをつけているかたはさまざまです。

・妊娠初期のかた
・難病や内臓の病気などのかた
・義足や人工関節を使っているかた
・視覚障害のあるかた
・線維筋痛症を患っているかた

ヘルプマークをつけている人を見かけたら、どのような対応をすればいいですか?

ぜひ温かい気持ちで接してください。

電車やバスなどでは、席を譲ってください。

例えば若くして事故などで片足を失った人の場合、片足が義足でもズボンをはいていると健常の人と区別がつかず、席を譲られることはまずないでしょう。
むしろ、混んだ電車内で優先席に座れたとしても「なぜ若いのに席を譲らないんだろう、とみんなに思われているのではないか…」と悩んでしまうかもしれません。

そのようなかた、助けが必要な人につけてもらいたい、と考えて作られたのがヘルプマークです。

人によっては自分で大丈夫だと思うときは隠しておいて、本当につらい時だけ外に見えるように出す、という使い方をされている人もいるようです。

障がいなど、さまざまな事情により、急な動きや判断ができない人も、このマークを付けていることがあります。
混んだホームでゆっくり歩いている人は、ヘルプマークが見えていなくても、何かの事情があるかもしれません。イライラせず温かい気持ちで見守るようにしましょう。

他に、公共の交通機関などで注意するべきシンボルマークを教えてください

特にバスなどでは、一部の座席がたためて、車いすなどが固定できるスペースとなることがあります。

そういった座席の周囲には、車いすのマークが貼ってありますので、その席に座っているときに車いすのかたが来たら、席を立ち場所を譲るようにしましょう。

最後に医師からアドバイス

今までの車いすマークやマタニティーマークなどとは違い、広く「助けが必要な人」をはっきりと示すという目的で作られたのがヘルプマークです。

このマークを見かけたら優しい気持ちで、席を譲るなどの心配りをしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら